農林業 RSS配信


ここから本文です。


事業サイトの一覧

  • 農林漁業者向け制度融資 (検査指導課)

  • 農林漁業を営む皆さまをバックアップするために、いろいろな資金が設けられています。ここでは、目的や対象別に受けられる制度融資の概要を紹介します。
  • 山地災害アーカイブ (みどり推進室森づくり課)

  • 当サイトは過去に大阪府内で発生した山地災害に関する情報を収集、整理したものです。 台風等の豪雨による林地や治山施設の被害について、被災写真を中心に公開しています。  
  • 新たなブランド農産物やオーガニック農産物の生産技術の取得をめざす「大阪産(もん)スタートアカデミー」や、オリジナルのDIYスマート農業の実践と促進を行う「経営強化チャレンジプロジェクト」などを実施しています。
  • 新型コロナウイルス感染症に対する大阪農政の取組や、新型コロナウイルス感染症の影響を受ける農業生産者の支援について掲載しています。
  • 「多くの人が集まる大阪・関西万博に向け、消費者目線で大阪産(もん)の魅力を高め、ブランドを輝かせる(Glow)」と「明確な販売戦略に基づいた取組みにより、大阪産(もん)の産地を育て、大阪農業のさらなる成長につなげる(Grow Up)」の2つを目的とし、「大阪産(もん)グローアッププラン」を策定しました。
  •  大阪府では、平成29年に策定した「新たなおおさか農政アクションプラン」の成果を踏まえ、次期「おおさか農政アクションプラン」を策定しました。  本プランでは、将来像「府民とともに未来へつむぐ豊かな『農』」を実現していくため、「力強い大阪農業の実現」・「豊かな食や農に接する機会の充実」・「農業・農空間を活かした新たな価値創造」の3つのめざす方向性を設定し、5年後を目標年次とした取組みを示しています。  今後、本プランに基づき、施策を推進していきます。
  • なにわの農産物・農産加工品 (農政室推進課)

  • 府内で生産されている「なにわ特産品」や「なにわの伝統野菜」、農家女性がまごころ込めて作った「農産加工品」の情報です。
  • 就農・援農情報 (農政室推進課)

  • 農業を始めて見たい人、農業体験をしてみたい人、農業ボランティアに取り組みたい人のための“農”に関する情報です。
  • 生産者サポート情報 (農政室推進課)

  • 意欲のある農業者等を大阪府が育成支援する「大阪版認定農業者制度」や「経営所得安定対策」等、生産者の方々のための情報です。
  • 食の安全・安心に関する情報 (農政室推進課)

  • 改正農薬取締法の概要など農薬を取り扱う方々への情報や、農薬・化学肥料を5割以上削減して栽培する大阪エコ農産物に関する情報です。
  • 病害虫防除に関すること (農政室推進課)

  • 府内主要農産物(水稲、なす、トマト、ぶどう等) の病害虫発生状況や防除方法について紹介していきます。
  • 花の文化園 (農政室推進課)

  • 府立花の文化園の情報が掲載されています。
  • 農空間多面的機能支払事業 (農政室整備課)

  • 農業者と農業者以外の府民が一体となった農空間の保全活用の取組みを掲載しています!
  • 大阪府のため池紹介 (農政室整備課)

  • 大阪府内で約11,000個もあるため池(全国第4位) その中でも有名なため池をここで紹介!!
  • 大雨や地震などの自然災害による田・畑などの農地や農道・ため池・用排水路などの農業用施設の災害復旧に関して、国の補助を受けられる制度をご存知ですか?
  • 令和4年4月28日(木曜日)から6月2日(木曜日)の間、大阪産(もん)・大阪産(もん)名品を「食べる」「買う」「楽しむ」フェスタを開催します!
  • 大阪府では、農林漁業者や、農林漁業者と連携する加工業者等による農山漁村発イノベーションの取組みを推進するため、補助金等による支援を行っています。 ※農山漁村発イノベーションとは、6次産業化を発展させて、地域の文化・歴史や森林、景観など農林水産物以外の多様な地域資源も活用し、農林漁業者はもちろん、地元の企業なども含めた多様な主体の参画によって新事業や付加価値を創出していく取組みをいいます。
  • 大阪府では、府内の農林漁業者等の6次産業化への取組みをサポートする支援機関を設置しています。また、地域の様々な事業者等とのネットワーク形成や、新商品開発、販路開拓の取組み及びその取組みに必要な機械又は施設の整備を支援しています。
  • 令和4年4月28日(木曜日)から6月2日(木曜日)の間、大阪産(もん)・大阪産(もん)名品を「食べる」「買う」「楽しむ」フェスタを開催します!
  • 大阪府では、府内の農林漁業者等の6次産業化への取組みをサポートする支援機関を設置しています。また、地域の様々な事業者等とのネットワーク形成や、新商品開発、販路開拓の取組み及びその取組みに必要な機械又は施設の整備を支援しています。
  • 農産物の輸入自由化に伴い経営環境が厳しい状況にある農産物加工業者が国内産の農産物を原材料として加工業を行うにあたり経営改善の措置を図るための設備投資に必要な資金を融通する日本政策金融公庫(以下「公庫」という。)の農業金融制度です。

ここまで本文です。