府教委ニュース 第150号 7ページ

更新日:平成26年10月1日

特色ある学校づくり

大阪府立藤井寺工科高等学校(全日制)

大阪府藤井寺市御舟町10−1
072−955−0281
http://www.osaka-c.ed.jp/fujiidera-t/

 本校は、平成17年に藤井寺工業高等学校から改編された機械系、電気系、メカトロニクス系の3系からなる「工業」の専門高校です。平成25年に創立50周年を迎えることができました。現在、就職内定率100%の堅持、大手企業への就職、そして、資格取得の奨励により地域から「就職の藤工」、「資格の藤工」と呼ばれています。
 就職と資格取得の実績から平成23年度に「キャリア教育・職業教育支援事業」、平成24年度は「がんばった学校支援事業」、平成25年度は高度な資格取得を進める「実践的技能養成重点型」工科高校、平成26年度は「学校経営推進費」の支援校に選ばれ、さらにパワーアップをめざしています。

藤工マスコットふじちゃん・こうくんがいる正門本校機械工場での実習風景50周年式典での生徒会の和太鼓演奏
写真:藤工マスコットふじちゃん・こうくんがいる正門写真:本校機械工場での実習風景写真:50周年式典での生徒会の和太鼓演奏

教育目標

 本校では「ものづくり」を通した「ひとづくり」という理念を掲げ、次の教育目標のもと教育活動を展開しています。

  1 ものづくりの高い知識、技能・技術を持つ人材を育成します。
  2 就職はもちろんのこと大学進学など希望する進路を確実に実現させます。
  3 資格取得を通して、自信、チャレンジ精神を身につけさせ、人間力を高めます。

 つまり「社会人を育てる」学校です。

資格取得

 本校は生徒の進路実現とスキルアップ、人間力向上のために資格取得を奨励しています。昨年度、資格取得のべ人数は1100人を超えました。第二種電気工事士取得者数は毎年全国ランキング10位前後を維持し、今年度は第一種電気工事士取得者数を倍増するべく近畿職業能力開発大学校(ポリテク)との連携を始めました。本校が府内で初めて取り組んだシーケンス制御作業3級、配電盤・制御盤組み立て作業3級の資格は他校でも実施されるようになってきました。

視聴覚教室の電工補習風景近畿職業能力開発大学校との連携授業本校が受験会場となったシーケンス制御実技試験風景
写真:視聴覚教室の電工補習風景写真:近畿職業能力開発大学校との連携授業写真:本校が受験会場となったシーケンス制御実技試験風景

キャリア教育

 本校では、3年間を見通したキャリア教育を展開しています。1年生で学校設定教科「キャリアガイダンス」で職業適性検査、講演会、職業研究などを通して自己の生き方・在り方を考えます。2年生ではロングホームルームなどを活用して就職試験対策講座、工場見学、インターンシップを実施し、3年生では徹底的な面接練習を行います。生徒は、この過程を通して、キャリア意識を形成していきます。その結果、毎年卒業生の80%以上が就職する中、3年後の離職率も大変低い状況にあります。

実習前の点呼風景(安全教育の徹底)2年生の工場見学クラスメイトが面接官を務める面接練習
写真:実習前の点呼風景(安全教育の徹底)写真:2年生の工場見学写真:クラスメイトが面接官を務める面接練習

各種競技会への参戦

 本校では授業で学んだ技術や経験を生かして各種競技会に参戦しています。たとえば、ものづくりコンテスト電気工事の部門では毎年府内3位までに入賞し、昨年度、一昨年度は近畿大会出場権を獲得しています。ロボット相撲は3年連続全国大会に出場し、今年度は、全国大会の初戦突破をめざしています。また、2足歩行ロボットの格闘技競技会「ロボファイト」では専門学校生、大学生、社会人の出場者が多い中、健闘しています。

ものづくりコンテスト電気工事の部門ロボット相撲全国大会出場ロボファイトへの参戦
写真:ものづくりコンテスト電気工事の部門写真:ロボット相撲全国大会出場写真:ロボファイトへの参戦

 本校は、資格取得者のべ人数、より高度な資格取得、ジュニアマイスター取得者の増加をめざしています。生徒は、資格取得を通して自信とチャレンジ精神を身につけるとともに、学び合いの大切さを実感し、「就職」「進学」についても希望する進路の実現に向けて日々努力しています。

 これからも一層、生徒・保護者の方から「入りたい学校」「入ってよかった学校」、地域から「信頼できる学校」と言っていただけるよう、工業の専門高校として特色ある教育活動を展開し、ものづくりの知識、技能・技術をもった社会人を育てていきます。

 目次へ      次ページへ

このページの作成所属
教育庁 教育総務企画課 広報・議事グループ

ここまで本文です。