府教委ニュース 第150号 4ページ

更新日:平成26年10月1日

第2回科学の甲子園ジュニア大阪大会を開催しました

 8月19日(火曜日)、「第2回科学の甲子園ジュニア大阪大会」を開催しました。この大会は、理科・数学・情報の分野の発展的な課題に取り組むことで、科学の楽しさ、面白さを知ってもらうとともに、科学と普段の生活との関連に気づいてもらうことを目的に、府内の中学生を対象に行われました。

 大会は、1チーム6人の団体戦で行われ、2回目となった今年の大会には、11チーム66人(公立中学校6チーム、国立中学校1チーム、私立中学校4チーム)が、学校や所属クラブを代表して参加しました。チーム内で難しい計算を分担したり、お互いにアドバイスをしたりと、それぞれの得意分野を活かした、団体戦ならではの素晴らしいチームプレーが見られました。

 結果は、大阪星光学院中学校が第1位となり、12月5日(金曜日)から7日(日曜日)の3日間、東京で開催される「第2回科学の甲子園ジュニア全国大会」に大阪府代表として出場します。

画像です。チームで課題に取り組む様子

画像です。チームで課題に取り組む様子
写真:チームで課題に取り組む様子写真:チームで課題に取り組む様子

※参加校及び結果については、こちらをご覧ください。
  参加校及び結果 [Excelファイル/11KB]  参加校及び結果 [PDFファイル/51KB]

目次へ      次ページへ

このページの作成所属
教育庁 教育総務企画課 広報・議事グループ

ここまで本文です。


ホーム > 教育・学校・青少年 > 教育政策 > きょういくニュース > 府教委ニュース 第150号 4ページ