公民のパートナーシップによる若者のDX(IT)人材就職支援モデル事業

更新日:令和3年4月15日

お知らせ

 令和3年3月22日(月曜日)より、就職に向けたデジタルスキルトレーニングの参加者の募集を順次開始します。(トレーニングは令和3年5月開始)
 文系の方も理系の方も、事務職、営業職、技術職をめざす方も、就職に役立つ知識やスキルを習得できますので、ぜひご参加ください。

◇トレーニング概要
 対象者:就職をめざす若者(15歳から概ね44歳まで)(学生は対象外)
 期間:1か月から3か月(令和3年5月開始)
 方法:オンライン中心
 チラシ [PDFファイル/792KB]

◇参加申込み方法
 1.大阪府緊急雇用対策特設ホームページ「にであう」(https://ni-deau.jp/nideau_training/(外部サイト))に、必要情報を入力し、登録
 2.各社のトレーニング内容紹介ページを閲覧し、参加するコースを選択
 3.「にであう」から各社ホームページにアクセスし、参加申込み

トレーニング提供企業・概要

企業名

トレーニング概要

グーグル合同会社ビジネスやキャリアに役立つデジタルスキルトレーニング(デジタルマーケティング/ e コマース/ 柔軟な働き方など)
株式会社セールスフォース・ドットコム営業、マーケティング、カスタマーサービス、システム管理の職種別ITスキルトレーニング
株式会社デジタルハーツサイバーセキュリティ等のスキルトレーニング
日本マイクロソフト株式会社Officeの基礎、未経験者むけのWEB制作やプログラミング等のトレーニング、AIを含む資格取得をめざすトレーニング
株式会社ワークアカデミー現場で求められるITスキルやしごとに取り組む姿勢(マインド)のトレーニング

事業概要

 大阪府では、コロナ禍で雇用情勢が悪化するなか、第二の就職氷河期を生まないための取組として、就職をめざす若者を対象に、民間のIT企業等とのパートナーシップにより、DX(IT)兼務人材(※1)として必要な知識やスキルの習得支援を無償で実施し、就職につなげる取組を下記のとおり実施します。
 本事業については、DX(IT)兼務人材に必要な研修を無償で提供していただける企業や就職支援を行う人材サービス会社と「OSAKA若者リ・スキリング・パートナーズ」(※2)を構築し、公民による持続可能な就業モデルをめざします。

事業名称:公民のパートナーシップによる若者のDX(IT)人材就職支援モデル事業
実施内容:就職をめざす若者を対象とする、DX(IT)兼務人材として必要な知識やスキルの習得支援及び企業とのマッチング支援
参画事業者:(五十音順)
        ・グーグル合同会社
        ・株式会社スタジアム
        ・株式会社セールスフォース・ドットコム
        ・株式会社デジタルハーツ
        ・日本マイクロソフト株式会社
        ・株式会社ワークアカデミー

※1・DX(デジタルトランスフォーメーション)…企業がビジネス環境の激しい変化に対応し、データとデジタル技術を活用して、顧客や社会のニーズを基に、製品やサービス、ビジネスモデルを変革するとともに、業務そのものや、組織、プロセス、企業文化・風土を変革し、競争上の優位性を確立すること。(「デジタルトランスフォーメーションを推進するためのガイドライン」(H30.12 経済産業省)による定義)
 ・DX(IT)兼務人材…DX(IT)と営業や総務人事等、他の業務を兼務する人材
※2リ・スキリング(Re-skilling)…職業能力再開発

スキーム図

 

大阪府緊急雇用対策特設ホームページ「にであう」 https://ni-deau.jp/

問い合わせ先

OSAKAしごとフィールド『コロナ禍での就職活動を応援する特別相談窓口』
TEL:06-6232-8580(平日9時30分から17時00分まで)

このページの作成所属
商工労働部 雇用推進室就業促進課 就業支援グループ

ここまで本文です。