令和2年度企業主導型保育事業について

更新日:令和3年2月1日

企業主導型保育事業とは

企業主導型保育事業は、平成28年4月に国において、仕事と子育てとの両立に資することを目的に創設された事業で、企業が社員の子どもを対象として、事業所内や近隣地に設置する保育施設のことです。
大阪府では、待機児童の解消と女性が働きやすい環境整備のため、福祉部と商工労働部とで連携し、企業主導型保育施設の設置、地域枠等の活用に向けた相談支援に取組んでいます。

▼令和2年度企業主導型保育推進事業(従業員枠・地域枠)施設一覧の作成について 

企業主導型保育事業者の施設一覧を作成し、市町村や共同利用の受入れ先を探している企業に対して配付します。
市町村では府民の方からの保育施設利用の問合せの際に活用いただく予定です。
また、企業に対しては職員の離職防止や復職支援に取組む企業に対する説明会などの際に配付するなど活用します。
企業主導型保育施設で一時預かり事業を実施している施設につきましては、「企業主導型保育施設 一時預かり事業一覧」として、HP等で公開予定です。
つきましては、各企業主導型保育事業者様におかれましては、下記「インターネット申込みはこちら」からご入力をお願いいたします。

※大阪府内に所在する企業主導型保育事業を対象としています。

お申込みはこちらから

(問合せ先)
福祉部 子ども室 子育て支援課
電話:06-6944-6678(直通) FAX:06-6944-3052

▼令和2年度大阪府企業主導型保育事業者研修について 

大阪府では、企業主導型保育施設における保育の質向上を目的に、企業主導型保育施設の管理者等及び保育従事者を対象とした研修を開催しています。

 令和2年度研修のページはこちら 「令和2年度大阪府企業主導型保育事業者研修」(別ウインドウで開きます)

 お申込みは、以下の「インターネット申込みはこちら」から申込みページにアクセスしてください。

お申込みはこちらから

このページの作成所属
福祉部 子ども室子育て支援課 認定こども園・保育グループ

ここまで本文です。


ホーム > 福祉・子育て > 子ども・家庭 > 令和2年度企業主導型保育事業について