令和2年(2020年)11月

更新日:令和3年1月28日

11月29日(日曜日)inochi万博フォーラムパネルディスカッション

パネルディスカッションで意見を述べる知事

中之島会館で開催された「inochi万博フォーラム」において、「EXPO2025 どうなる日本?どうする大阪! おもしろい、ワクワクから始まる21.5世紀」を主題とするパネルディスカッションに出席し、有識者の方々と討論を行いました。
その中で知事は、「小学生・中学生がインスピレ−ションを感じ、もう一度行ってみたいと思えるような万博、万博を経験した子どもたちが大人になった時、もう一度、万博をやりたいと思えるような万博にしたい」と述べました。
(担当:万博協力室)

11月29日(日曜日)inochi万博フォーラムたかじんAWARD表彰式

表彰式フォトセッションで記念撮影をする知事

OSAKAあかるクラブ初代キャプテンやしきたかじん氏の意思を受け継ぎ、大阪のために頑張った人への感謝とこれから大阪のために活躍する人を表彰する「たかじんAWARD」を、新型コロナウイルスと闘う全大阪府民が受賞し、その代表者として表彰式に知事が出席しました。
表彰状を受け取った知事は、「医療従事者の皆さん、府民の皆さん、ありがとうございます。皆さんと感染拡大を抑え、大阪の元気を取り戻していきたい」と述べました。
(担当:万博協力室)

11月25日(水曜日)関西広域連合設立10周年記念式典

パネルディスカッションに出席する知事

「関西広域連合設立10周年記念式典」のパネルディスカッションに出席し、「関西から新時代をつくる!」をテーマに有識者との意見交換を行いました。
その中で知事は、「関西広域連合が今回のコロナ対策の情報共有も含め非常に大きな役割を果たしている。さらに、国の出先機関の関西広域連合への移管が実現できれば、非常に大きな意味をもたらす。今後も広域連合の一員としてがんばっていきたい」と述べました。
(担当:広域調整室地域主権課)

11月24日(火曜日)「合同会社ユー・エス・ジェイと大阪府との包括連携協定」締結式

ジャン・ルイ・ボニエ社長CEOと知事

大阪府と合同会社ユー・エス・ジェイは、包括連携協定を締結し、締結式に知事と同社のジャン・ルイ・ボニエ社長CEOが出席しました。この協定により、子ども・教育、観光・地域活性化、環境、福祉・健康、女性活躍・働き方改革、安全・安心、府政のPRの7分野にわたる連携・協働を今後一層深化させるとともに、府民サービスの向上を図ってまいります。知事は、「子どもたちには英語を通じ、世界に羽ばたき夢をつかんでもらいたい」とUSJの英語教育支援に感謝を伝えるとともに「大阪を活性化するためのパートナーとして、USJさんと協力し、元気な大阪に向け取り組みを進めたい」と述べました。
(担当:行政経営課)

11月21日(土曜日)万博の桜2025 植樹式

植樹した桜の木に土をかける知事

2025年大阪・関西万博への期待感や機運を高めることを目的に、大阪府内を中心に2025本の桜を植樹する「万博の桜2025」の植樹式に出席しました。
あいさつにおいて知事は、「2025年の万博を満開の桜で迎えたい。ぜひみなさんに協力していただき、ともに万博を盛り上げていきたい」と述べ、寄付の呼び掛けなどを行いました。
(担当:万博協力室)

11月17日(火曜日)大阪府安全なまちづくり大使による広報啓発アナウンス制作発表会

西川大使、千田大阪府商店街連合会長、亀岡近畿百貨店協会長と知事

大阪府安全なまちづくり大使の西川きよし氏にご協力いただき制作した、防犯に関する広報啓発アナウンス「気をつけな、あきまへんで!」の発表会に出席しました。
知事は、「コロナ禍により、防犯に関する街頭キャンペーンなどが、これまで通り行えない中、広く府民に防犯を呼び掛けるため、西川大使の協力を得て広報アナウンスを制作した。府内の商店街や百貨店、スーパーの協力も得て、街中でアナウンスを流してもらう。ぜひ、耳を傾けていただき、犯罪被害防止に配意してほしい」と述べました。
(担当:青少年・地域安全室治安対策課)

11月17日(火曜日)「空の移動革命社会実装大阪ラウンドテーブル」設立式

記念撮影をする知事

大阪における空飛ぶクルマの実現に向けた取り組みを加速させるため、具体的かつ実践的な協議・活動の核となる「空の移動革命社会実装大阪ラウンドテーブル」設立式において、設立宣言を行いました。
宣言において知事は、「子どもの頃、空飛ぶクルマが自由に行き交うSF映画を、将来そのような世の中が実現できるのかとワクワクしながら見ていた。大阪は、関空から海上を通って万博会場まで、新大阪や梅田から淀川を通ってベイエリアまで空飛ぶクルマでひとっ飛びで到達できる。地政学的に空飛ぶクルマの実現に非常に適している。民間と行政と学術が一体となって、大阪で空飛ぶクルマをぜひ実現させよう」と述べました。
(担当:成長産業振興室産業創造課)

11月15日(日曜日)西村経済財政政策担当大臣との意見交換

西村経済財政政策担当大臣と意見交換をする知事

西村経済財政政策担当大臣が大阪府を訪問し、知事と新型コロナウイルス感染症に関連した意見交換を行いました。
その中で、知事は「国と大阪府と連携しながら何とか感染拡大を抑えていきたい」と述べました。また、大阪コロナ重症センターの運営、効率的な検疫フォローアップの推進、新型コロナウイルス感染症対策に係る財源確保などについて要望を行いました。
(担当:企画室政策課)

11月14日(土曜日)安威川ダム 定礎式

 あいさつをする知事
定礎行事に参加する原田衆議院議員、足立衆議院議員、福岡茨木市長と知事

ダムの本格的な築造に際し、礎石を据えて、ダムの安泰と工事の安全を祈願する「安威川ダム定礎式」に出席しました。
あいさつにおいて知事は、「地権者の皆さま、地元の皆さま、多くの関係者のお力添えで、本日、ここに定礎式を迎えられた。気候変動などにより、全国的にも異常降雨による水災害が頻発化・激甚化している中で、一日も早くダムによる治水効果が発揮されるよう、安全かつ着実に工事を進める」と述べました。
(担当:河川室河川整備課)

11月13日(金曜日)岸和田だんじり祭の祭禮年番長らの表敬訪問

 記念撮影をする知事

岸和田市内祭禮年番長(さいれいねんばんちょう)の皆さん、岸和田市出身で書家の逢香(おうか)氏および岸和田市長が、岸和田だんじり祭の来年度の実施に向け、知事を表敬訪問されました。知事は歓迎の意を表するとともに、「勇猛果敢な岸和田のだんじりは全国の皆さんが注目している。大阪を、全国を元気にするため、府としても皆さんと一緒に盛り上げていきたい」と述べました。
(担当:都市魅力創造局魅力づくり推進課)

11月12日(木曜日)全日本高等学校チームダンス選手権大会及び日本高校ダンス部選手権夏の公式全国大会各優勝校の知事表敬訪問

 樟蔭高等学校の皆さんと記念撮影をする知事
同志社香里高等学校の皆さんと記念撮影をする知事

第10回全日本高等学校チームダンス選手権大会と第13回日本高校ダンス部選手権夏の公式全国大会でそれぞれ優勝した樟蔭高等学校、同志社香里高等学校のダンス部の皆さんの表敬訪問を受けました。
知事は「優勝おめでとう。大きな舞台で、自身の力を発揮できるその精神力の強さは、本当に素晴らしい。この経験を次のステップに生かしてください」と述べ、参加者を激励しました。
(担当:私学課)

11月12日(木曜日)「大和ハウス工業株式会社と大阪府との包括連携協定」締結式

 芳井代表取締役社長と知事

大阪府と大和ハウス工業株式会社は、包括連携協定を締結し、締結式に知事と同社の芳井代表取締役社長が出席しました。この協定により、子ども・教育・福祉、働き方改革・ダイバーシティ、環境、府政のPRなど7分野にわたる連携・協働を今後一層深化させるとともに、府民サービスの向上を図ります。知事は、「この協定を機に、リーディングカンパニーである大和ハウス工業さんが建築を学ぶ生徒たちに学校だけではできない学習支援をしていただけることは非常に心強い。今後もいろんな分野で、大阪をよくするため協力して取り組んでいきたい」と述べました。
(担当:行政経営課)

11月3日(火曜日・祝日)大阪・光の饗宴2020開宴式

 記念撮影をする知事

「大阪・光の饗宴2020開宴式」に出席しました。あいさつにおいて知事は、「今年の大阪・光の饗宴は、コロナ禍だからこそ大阪を輝かせて温かくしていこう、テーマも“希望の光”にしようということで、開催に至った。皆さんに美しい大阪の光を楽しんでいただき、この冬、大阪を盛り上げていこう」と述べました。
(担当:都市魅力創造局魅力づくり推進課)

このページの作成所属
府民文化部 府政情報室広報広聴課 広報グループ

ここまで本文です。