令和2年(2020年)10月

更新日:令和2年11月17日

10月10日(土曜日)1970年大阪万博50周年記念セレモニー

 大阪・関西万博のアンバサダーであるコブクロ及び松井市長とトークをする知事

「1970年大阪万博50周年記念セレモニー」に出席しました。
知事は、「この万博公園で50年前素晴らしい万博が開催され、約6,400万人もの人が来場された。大きな感動を与えてくれた万博を、2025年にまた大阪で皆さんと一緒に成功させたい。2025年に向けて、新しい社会・新しい世界を一緒に作り上げ、わくわくする万博をぜひ実現したい」と述べました。
(担当:府民文化部総務課)

10月8日(木曜日)分煙所の整備に対する感謝状贈呈式の開催について

 

 井上副社長と知事

オフィスや飲食店などの施設を原則屋内禁煙とする取り組みが進むにつれ、施設周辺における路上喫煙の増加の懸念が背景にあることから、大阪府では市町村や民間事業者と連携して屋外分煙所のモデル整備の促進を図っています。そのモデルの第1弾として、大阪府警察門真運転免許試験場隣接地の屋外分煙所整備にご協力いただきましたフィリップモリスジャパン合同会社様に対し、感謝状を贈呈しました。
知事は、「整備していただいた屋外分煙所は、受動喫煙防止をはじめ、路上喫煙や吸い殻のポイ捨て防止など周辺環境の改善に貢献していただいている。引き続き、大阪府のモデル整備にご協力をお願いしたい」と感謝の意を伝えました。
(担当:健康推進室健康づくり課)

10月1日(木曜日)「OSAKA求職者支援コンソーシアム共同宣言式」

 宣言文を掲げるコンソーシアム参画の民間人材サービス事業者各社代表と、知事及び商工労働部長

新型コロナウイルス感染症拡大の影響により雇用情勢が悪化している中、求職者の早期就職実現のため、大阪府と民間人材サービス事業者が連携して設立した「OSAKA求職者支援コンソーシアム」の共同宣言式に出席しました。
知事は、「失業者を一人でも減らし、府民の雇用といのちをしっかり守っていきたい。この緊急事態に、民間の力を貸していただきたい」と述べ、公民の連携の必要性を訴えました。
(担当:商工労働部雇用推進室就業促進課)

10月1日(木曜日)大阪港湾局発令・発足式

 大阪松井市長とともに、大阪港湾局長以下幹部職員に対し、訓示する知事

大阪市と大阪府の港湾局を統合した大阪港湾局の発令・発足式に松井大阪市長とともに出席しました。
知事は、「今日から大阪一つの港として、大阪の港を強くする、大阪の港の強み、それぞれ発揮してもらって、大阪の成長に資する港湾局になってもらいたい」と述べました。
(担当:大阪港湾局総務部総務課)

このページの作成所属
府民文化部 府政情報室広報広聴課 広報グループ

ここまで本文です。