令和2年(2020年)2月

更新日:令和2年3月10日

2月25日(火曜日) 大相撲三月場所前年度優勝力士(白鵬関)に対する楯贈呈式

 横綱白鵬関と知事

令和2年大相撲三月場所が、3月8日(日曜日)からエディオンアリーナ大阪(大阪府立体育会館)で開催されるにあたり、前年度優勝力士の横綱白鵬関に対し、知事賞の優勝盾を贈呈しました。
白鵬関は「いい相撲を見せ、連覇できるようにしたい」と抱負を述べられました。
知事は、「感染症の対策をしっかりとって、素晴らしい春場所にしてほしい」と激励の言葉を述べました。
(担当:文化・スポーツ室スポーツ振興課)

2月21日(金曜日) 大阪ゆかりのラグビー日本代表選手への感動大阪大賞贈呈

 堀江翔太選手と知事

ラグビーワールドカップ2019日本大会において、大会史上初の決勝トーナメント進出を果たされ、大阪ゆかりのラグビー日本代表として「感動大阪大賞」を贈呈した、堀江翔太選手が来庁しました。
知事は、「人々に大いなる感銘と希望を与えるとともに、スポーツ意識の高揚に貢献された」と述べ、その功績を讃えました。
(担当:文化・スポーツ室スポーツ振興課)

2月21日(金曜日) 子ども輝く未来基金への寄付に対する感謝状贈呈式

 上原邦彦氏と知事

子ども輝く未来基金へ1,000万円のご寄付をいただいた上原邦彦氏に対して、感謝状を贈呈しました。上原様からのご寄付は、今回で20回目となります。知事は、「いただきました寄付金は、子どもたちへの学習教材の提供や、体験活動、さらには、児童養護施設で暮らす子どもへの支援などに、大切に活用させていただく。引き続きご支援、ご協力をお願いしたい」と感謝の意を伝えました。
(担当:こども室子育て支援課)

2月21日(金曜日) 技能競技大会金メダリストが知事表敬訪問

 記念撮影をする知事

技能五輪全国大会金メダリストの大田若奈(おおたわかな)選手、全国障害者技能競技大会金メダリストの秋田拓也(あきたたくや)選手の表敬訪問を受けました。
 知事は「全国の優秀な技能者が競う全国大会で金メダルという名誉ある賞を大阪へ持ち帰っていただき、感謝申し上げる。皆さんの日々の努力だけでなく、支えていただいた多くの方のご尽力により、受賞されたことは、我々の誇りでもある。これからも技能を研鑽し、活躍されることを祈っている」と激励の言葉を述べました。
(担当:雇用推進室人材育成課)

2月20日(木曜日) 第92回選抜高等学校野球大会出場校の知事・副議長表敬訪問

 大阪桐蔭高等学校の皆さんと知事

履正社高等学校の皆さんと知事

第92回選抜高等学校野球大会出場校の大阪桐蔭高等学校・履正社高等学校野球部の皆さんが、出場報告のため、知事と府議会副議長を表敬訪問しました。
知事は「プレッシャーを跳ね返しこれまでの練習の成果を発揮して頑張ってほしい」とお祝いの言葉を述べました。
(担当:教育庁私学課)

2月20日(木曜日) 「大阪・関西万博におけるパビリオン等地元出展に関する有識者懇話会」の特別アドバイザーつんく氏が大阪府知事・大阪市長を表敬訪問

 つんく氏、松井市長と手を重ねる知事

「大阪・関西万博におけるパビリオン等地元出展に関する有識者懇話会」の特別アドバイザーであるつんく氏の表敬訪問を知事と大阪市長が共に受けました。
つんく氏は、「5年後ではありますが、それまでも元気でいなきゃ!と人生の目標としても、とても楽しみ。大阪らしく、日本らしい、老いも若きも楽しめるものになるといい。みんなで一丸となり、成功させましょう。」と意気込みを語りました。
知事は、「楽しくてワクワクする、未来に希望を持てるような突き抜けた地元館を作っていきたい」と述べました。
(つんく氏の正しい表記は「つんく♂」です。)
(担当:政策企画部万博協力室)

2月5日(水曜日) 「フェイスブックジャパン株式会社と大阪府との包括連携協定」締結式

 味澤代表取締役と知事

大阪府とフェイスブックジャパン株式会社は、包括連携協定を締結し、締結式に知事と同社の味澤代表取締役が出席しました。この協定により、情報リテラシー向上、魅力発信、中小企業振興および起業家支援、地域コミュニティ活性化など、6分野にわたる連携・協働を今後一層深化させるとともに、府民サービスの向上を図ります。知事は、「フェイスブックさんの持つSNS活用の知見やノウハウ、ネットワークをお借りして大阪の魅力や府政情報を効果的に発信し、2025年の大阪・関西万博に向けて府域全体が活性化するように取り組んでいきたい」と述べました。
(担当:財務部行政経営課)

このページの作成所属
府民文化部 府政情報室広報広聴課 広報グループ

ここまで本文です。