令和2年(2020年)1月

更新日:令和2年3月10日

1月29日(水曜日) 「江崎グリコ株式会社と大阪府との包括連携協定」締結式

 江崎代表取締役社長と知事

大阪府と江崎グリコ株式会社は、包括連携協定を締結し、締結式に知事と同社の江崎代表取締役社長が出席しました。この協定により、防災、子ども・教育、健康、ダイバーシティ&インクルージョン、府政のPRの5分野にわたる連携・協働を今後一層深化させるとともに、府民サービスの向上を図ります。知事は、「江崎グリコさんのブランド力やネットワークをお借りして、大阪の防災力の充実や子育て支援など、連携を深めていきたい」と述べました。
(担当:財務部行政経営課)

1月28日(火曜日) 大阪ゆかりのラグビー日本代表選手への感動大阪大賞贈呈

 トンプソンルーク選手、山中亮平選手、ヴィンピー・ファンデルヴァルト選手と知事

ラグビーワールドカップ2019日本大会において、大会史上初の決勝トーナメント進出を果たされた、大阪ゆかりのラグビー日本代表選手5名に対し「感動大阪大賞」を贈呈することとし、そのうち、トンプソンルーク選手、山中亮平選手、ヴィンピー・ファンデルヴァルト選手が来庁されました。
知事は、「人々に大いなる感銘と希望を与えるとともに、スポーツ意識の高揚に貢献された」と述べ、その功績を讃えました。
※堀江翔太選手、茂野海人選手は、日程調整の都合上、当日はご出席いただいておりません。
(担当:文化・スポーツ室スポーツ振興課)

1月27日(月曜日) 公民連携フォーラム

 公民連携について思いを語る知事

これまでの成果や具体的な連携手法について、企業・大学や市町村の皆さまに報告し、今後のさらなる連携につなげていくため、「公民連携フォーラム」を開催しました。知事は「行政だけでは進まない分野がある。大阪を一地方都市で終わらせないよう民間の皆さまと共に盛り上げて成長させていきたい」と述べました。
(担当:財務部行政経営課)

1月24日(金曜日) 第8回ものづくり日本大賞「内閣総理大臣賞」を受賞した株式会社プラ技研が知事表敬訪問

 記念撮影をする知事

経済産業省などが実施する第8回ものづくり日本大賞「内閣総理大臣賞」を受賞した株式会社プラ技研の菊澤良治(きくざわりょうじ)社長の表敬訪問を受けました。
知事は「日本でトップのものづくりの賞である内閣総理大臣賞を大阪の企業が受賞されたことを嬉しく思う。この受賞は大阪のものづくり企業の励みにもなると思うので、今後ますます活躍されることを祈っている」と激励の言葉を述べました。
(担当:中小企業支援室ものづくり支援課)

1月21日(火曜日) カンボジア・シェムリアップ州知事による表敬及び世界遺産連携宣言署名式

 世界遺産連携宣言を掲げるセイハ知事と知事

カンボジア王国シェムリアップ州のティア・セイハ知事の表敬訪問を受け、意見交換を行うとともに、世界遺産連携宣言への署名式を行いました。
知事はセイハ知事の来阪を歓迎するとともに、「大阪初の世界遺産である百舌鳥・古市古墳群とシェムリアップ州のアンコールの遺跡群は、共に国の古代の王朝の様子を現在に伝えるなど非常に貴重なもの。双方の世界遺産の魅力発信に向け、連携したい」と述べました。
セイハ知事は、「本日の連携宣言をきっかけに、大阪、そして日本との関係がさらに発展することを期待する」と述べられました。
(担当:都市魅力創造局国際課)

1月17日(金曜日) 令和元年度 大阪府地震・津波災害対策訓練

 災害対策本部会議で指揮をとる知事

今年で発災から25年を迎える阪神・淡路大震災の教訓を風化させないために、また、平成30年に発生した「大阪府北部地震」をはじめとする度重なる災害の教訓も踏まえ、南海トラフ巨大地震を想定した災害対策訓練を実施し、災害対策本部会議の本部長として指揮を執りました。
訓練は、発災後9時間が経過後の第3回災害対策本部会議を想定して実施し、知事は沿岸部の高石市および岸和田市とのテレビ電話による住民避難状況や支援要請についての情報共有を行いました。また、府や府警、消防、陸上自衛隊の対応状況を確認した上で、人命救助を第一として明朝から動けるよう、府の役割や対応を至急検討し、災害への体制を整えるよう、本部員に指示しました。
(担当:危機管理室災害対策課)

1月8日(水曜日) 吉野彰氏への感動大阪大賞贈呈式

 記念撮影をする知事、議長、副議長

リチウムイオン電池開発の業績が国際的に高く評価され、ノーベル化学賞を受賞された大阪出身の吉野彰(よしのあきら)氏に対し、知事から「感動大阪大賞」を贈呈しました。
知事は「大阪の子どもたちや研究者に感動を与えてくれた。2025年の大阪・関西万博に向けて、ぜひご助言いただきたい」と述べ、その功績をたたえました。
(担当:成長産業振興室産業創造課)

1月8日(水曜日) 堀川戎神社福娘の来訪

 福娘の皆さんと知事

堀川戎神社福娘の皆さんが、「十日戎」のごあいさつと、大阪府民の皆さんに福を授けるために来庁されました。福娘の皆さんは、商売繁盛と家内安全を祈念されました。
知事は「昨年はG20サミットの開催や百舌鳥・古市古墳群の世界遺産認定などがあり、大阪は世界が注目する都市となっています。2025年の大阪・関西万博に向けて、景気の良い大阪となるよう、福娘の皆さんには笑顔で福を運んでいただきたい」と述べました。
(担当:政策企画部秘書課)

1月7日(火曜日) 今宮戎神社福娘の来訪

 福娘の皆さんと知事

今宮戎神社福娘の皆さんが、「十日戎」のごあいさつと、大阪府民の皆さんに福を授けるために来庁されました。福娘の皆さんからは、大阪の発展を祈念して「上方締め(手打ち)」が行われました。
知事は「昨年は大阪でG20サミットが開催され、さらに百舌鳥・古市古墳群が大阪で初めて世界遺産に認定されるなど、大阪にとって飛躍の年となりました。2025年の大阪・関西万博を見据えて、大阪をもっと豊かにしていきたい。福娘の皆さんには笑顔で福を運んでいただきたい」と述べました。
(担当:政策企画部秘書課)

このページの作成所属
府民文化部 府政情報室広報広聴課 広報グループ

ここまで本文です。