おおさかQネット第6回アンケート「住宅の耐震に関するアンケート結果概要」

更新日:2020年2月19日

地震はいつ起こるのかわからないうえに、私たちの生活に大きな影響を与える場合もあります。
大阪府では、平成27年における耐震化率9割を目標に、耐震意識向上のための啓発活動や木造一戸建住宅の耐震診断や耐震改修に対する支援などを行っています。
このたび、耐震意識や耐震化の状況について、府民の皆様のご意見をお伺いし、今後の耐震化を進めるための参考とするため、アンケートを実施しました。
アンケート実施期間:平成21年9月8日(火曜日)から9月17日(木曜日)
回答者数:1702人(大阪府民)

Q1 近い将来において、大きな地震が発生する可能性が指摘されています。地震発生やそれによる被害をどのようにお考えですか?【1つだけ選択】(必須)
◆参考: 大阪府における、今後30年間でのマグニチュード7.5〜7.8以上の地震(上町地震)の発生可能性は2〜3%です。

回答者数1702 
自分は大きな地震には遭遇しない(生きている間には大地震はない)と思っている462.70%
大阪府で大きな地震が発生するかもしれないが、自分(の家)は、大丈夫だと思っている17510.28%
大きな地震が発生した場合、自分(の家)も多少は被害を受けると思っている92854.52%
大きな地震が発生した場合、自分(の家)もかなり被害を受けると思っている53831.61%
その他150.88%

Q2 大きな地震災害など災害への備えをされていますか?あてはまるものすべてをお答えください。

回答者数1700 
非常時に必要な物(食料や水、懐中電灯、救急セット、携帯ラジオ等)を用意している66038.82%
避難場所・集合場所等を家族で確認しあっている58434.35%
就寝位置の変更や家具の固定など生活上の配慮をしている57433.76%
住まいの耐震対策(耐震診断・改修)をしている18110.65%
「おおさか防災情報メール」(大阪府が携帯メールで気象や地震情報の提供)を知っている1458.53%
地域にある自主防災組織を知っている965.65%
地域での防災活動(消火訓練・避難訓練等)に参加したことがある21012.35%
特別なことは何もしていない52430.82%

Q3 Q2の質問で何らかの備えされている方にお聞きします。備えを行おうと思ったきっかけは何ですか。きっかけとなったもの上位3つまでを選択してください。

回答者数1178 
自分や家族が、地震を体験したこと68558.15%
知人等から地震の怖さを聞いたこと27323.17%
学校での防災教育を受けたこと1129.51%
自治会・自主防災組織等の防災訓練・セミナー等に参加したこと1069.00%
市町村が開催する防災イベントに参加したこと645.43%
地震災害情報(テレビ、ラジオ、新聞、インターネット等)を見たこと67857.56%
府・市町村の広報誌・防災対策パンフレット、防災(ハザード)マップ等を見たこと32827.84%
その他1139.59%

Q4 上記Q2の質問で「特別なことは何もしていない」とお答えの方のみにお聞きします。「特別なことは何もしていない」もっとも強い動機をお答えください【1つだけ選択】

回答者数524 
地震は発生しないと思うから112.10%
地震で自分は被害に合わないと思うから183.44%
面倒だから9518.13%
対策するお金がないから7814.89%
対策する時間がないから417.82%
対策の仕方がわからないから16130.73%
対策をしても、効果がないと思うから519.73%
その他6612.60%

Q5 オフィスビル、マンション、学校、住宅等の建物は、建物によって地震に対する強さ(耐震性)が異なりますが、耐震性について、どの程度関心をお持ちですか?【1つだけ選択】
◆参考:大阪府では、ホームページに府が所有する建物の耐震性能と進捗状況を掲載しています。

回答者数1694 
耐震性ということ自体知らない90.53%
耐震性という言葉は知っているが、関心がない895.25%
耐震性に関心はあるが、具体的に確認したいとは思わない60835.89%
自宅の耐震性を確認している(確認したい)81347.99%
学校など公共施設等の耐震性まで確認している(確認したい)17510.33%

Q6 あなたのお住まいはいつ建てられたものですか?【1つだけ選択】(必須)

回答者数1702 
昭和56年5月以前40523.80%
昭和56年6月以降〜平成12年5月以前65938.72%
平成12年6月以降53731.55%
わからない1015.93%

Q7 あなたのお住まいは、次のうちどれですか?【1つだけ選択】(必須)

回答者数1702
木造一戸建住宅612
木造共同住宅・長屋50
木造以外の一戸建住宅223
木造以外の共同住宅817

Q8 あなたのお住まいは、持ち家ですか、賃貸住宅ですか?【1つだけ選択】(必須)

回答者数1702 
持ち家126874.50%
賃貸住宅43425.50%

Q9 あなたのお住まいは、耐震改修を行っていますか?【1つだけ選択】(必須)

回答者数1268 
行っている16212.78%
行っていない78361.75%
わからない32325.47%

Q10 あなたのお住まいで耐震改修を行った時期は何年前ですか?おおよその年数を半角数値でご入力ください。

回答者数153 
042.61%
12013.07%
22113.73%
32717.65%
495.88%
52013.07%
685.23%
753.27%
885.23%
921.31%
1074.58%
1121.31%
1253.27%
1374.58%
1521.31%
1810.65%
1910.65%
2021.31%
3510.65%
4010.65%

Q11 お住まいの耐震に関する情報をどこから入手していますか?【あてはまるものを全て選択】

回答者数1258 
知人917.23%
自治会・自主防災組織等17613.99%
お住まいを購入した住宅メーカー、不動産業者等32725.99%
日常の付き合いのある工務店等745.88%
上記以外(お住まいの購入先、日常付き合いある業者以外)の住宅メーカー・工務店等393.10%
テレビ・ラジオ・新聞51240.70%
住宅関連の雑誌937.39%
インターネット27421.78%
市町村の相談窓口292.31%
大阪府の相談窓口90.72%
市町村主催の防災イベント443.50%
市町村が作成したパンフレット1149.06%
大阪府が作成したパンフレット876.92%
とくに情報を入手していない33526.63%
その他272.15%

Q12 お住まいの改修(リフォーム)を検討する場合、どの点を考慮されますか。考慮される点上位3つまで選択してください。

回答者数1009 
耐震化73873.14%
バリアフリー化40139.74%
エコ化(省エネ化)74974.23%
台所、風呂、トイレの利便・改修68467.79%
外観(見た目のきれいさ、デザインの素晴らしさ)22021.80%
その他666.54%

Q13 あなたのお住まいの耐震性を調べたいと思いますか?【1つだけ選択】(必須)
◆参考:耐震診断は、木造一戸建ての場合で、5,000円程度(府と市町村で経費の9割を補助しており、実質的な自己負担額)の負担で、半日程度で、行うことができます(状況により、金額、必要日数は変わります)。

回答者数1268 
既に耐震診断をしている1229.62%
調べる必要を感じている71055.99%
調べる必要を感じていない43634.38%

Q14 「調べる必要を感じていない」の理由としてあてはまるもの上位3つまで選択してください。

回答者数362 
耐震診断しなくても、大丈夫であることがわかっているから15141.71%
調査やその打合せに対応するのが面倒だから10629.28%
調査やその打合せに対応する時間がないから6116.85%
耐震診断の価格が高いから8122.38%
調査内容やその価格が適正かどうか、判断できないから14941.16%
他人が家に上がりこむことになるから4512.43%
家に傷をつけることになるかもしれないから154.14%
調査する業者等に良いイメージを持っていないから6818.78%
転居する予定があるから113.04%
その他9425.97%

Q15 耐震性を調べた結果、あなたのお住まいの耐震性が低いと分かった場合、耐震改修を行いますか?【1つだけ選択】

回答者数705 
耐震改修を行う486.81%
耐震性の程度や改修価格によっては、耐震改修を行いたい33847.94%
単独での耐震改修が難しいが、リフォームの機会にあわせて耐震改修を考えたい14820.99%
さしあたっては、耐震改修を行うのは難しいと思う14320.28%
その他283.97%

Q16 お住まいの改修を検討する場合、何が問題になりますか?理由としてあてはまるもの上位3つまで選択してください。

回答者数1029 
改修費用が高いこと82480.08%
改修内容や価格が適正かどうか判断できないこと72770.65%
他人が家に上がりこむこと656.32%
家に傷をつけることになるかもしれないこと676.51%
改修に対応する時間がないこと13913.51%
施工業者等に良いイメージを持っていないこと19819.24%
荷物の移転や仮住まいの確保、引越等の手間や生活中の不便59858.11%
その他858.26%

Q17 木造住宅の耐震診断や改修に補助金や税の優遇があることを知っていますか?【1つだけ選択】
◆参考:大阪府における木造住宅の耐震診断や改修工事の補助制度は、以下のホームページをご覧ください。
木造住宅の耐震診断・改修設計・改修工事の補助制度

回答者数1267 
知っている27721.86%
知らなかった99078.14%

Q18 木造住宅の耐震診断や改修に補助金や税の優遇があることをどこでお知りになりましたか?【1つだけ選択】

回答者数277 
知人41.44%
自治会・自主防災組織等72.53%
お住まいの購入先の住宅メーカー、不動産業者等113.97%
日常の付き合いのある工務店等20.72%
上記以外(お住まいの購入先、日常付き合いのある業者以外)の住宅メーカー・工務店等20.72%
テレビ・ラジオ・新聞8530.69%
住宅関連の雑誌51.81%
インターネット3914.08%
市町村の相談窓口82.89%
大阪府の相談窓口0-
市町村主催の防災イベント31.08%
市町村が作成したパンフレット3713.36%
大阪府が作成したパンフレット259.03%
覚えていない3512.64%
その他145.05%

Q19 賃貸住宅にお住まいの方にお聞きします。所有者(家主)にあなたの家の耐震性を調べてもらい、その結果を教えてもらいたいと思いますか?【1つだけ選択】(必須)

回答者数434 
教えてもらいたい37085.25%
教えてもらいたいとは思わない6414.75%

Q20 Q19で「教えてもらいたいとは思わない」理由としてあてはまるものを3つまで選択してください。

回答者数57 
調査に来られると対応などが面倒だから3154.39%
調査費用がかかるので、家賃が高くなったり、料金(の一部)を請求されそうだから2645.61%
他人が家に上がりこむことになるから1017.54%
家に傷をつけることになるかもしれないから11.75%
いずれ転居する予定があるから3764.91%
自分の家ではないので、地震の被害は大きくないと思うから2035.09%
その他1526.32%

Q21 Q19で調べてもらった結果、耐震性が低いことがわかったら、どうしますか?【1つだけ選択】

回答者数369 
できるだけ早く転居する5314.36%
家主に耐震改修を依頼する15341.46%
家具の固定など、自分でできる範囲の対応をする12233.06%
何もしない41.08%
わからない3710.03%

Q22 賃貸住宅にお住まいの方にお聞きします。家を購入されたり、転居されて、お住まいを選択される場合、耐震性は購入や引越先の選定に影響を与えると思いますか?【1つだけ選択】

回答者数434 
耐震性が低い場合は、選択対象からはずす20547.24%
耐震性を多少は考慮する16638.25%
耐震性はあまり考慮しない102.30%
耐震性は全く考慮しない61.38%
今後、家を購入したり、転居する予定は全くない317.14%
わからない143.23%
その他20.46%

Q23 あなたの世帯の年収は、どのくらいですか?施策検討の参考とするために、さしつかえなければお答えください。【1つだけ選択】

回答者数1605 
200万円未満965.98%
200万円以上300万円未満1589.84%
300万円以上400万円未満21913.64%
400万円以上500万円未満27617.20%
500万円以上600万円未満23414.58%
600万円以上700万円未満16210.09%
700万円以上800万円未満1408.72%
800万円以上900万円未満885.48%
900万円以上1,000万円未満895.55%
1,000万円以上1,200万円未満895.55%
1,200万円以上1,500万円未満261.62%
1,500万円以上281.74%

このページの作成所属
政策企画部 企画室推進課 推進グループ

ここまで本文です。


ホーム > 府政運営・市町村 > 政策 > 大阪府の政策マーケティング・リサーチ > おおさかQネット第6回アンケート「住宅の耐震に関するアンケート結果概要」