おおさかQネット「リサイクルに関するアンケート結果概要」

更新日:2010年3月15日

家庭から出るごみのうち、商品を入れたり包んだりするのに使われる容器や包装が、容積比で約6割程度にもなります。各家庭が、市町村の定める分別のルールに従ってきちんとごみを出すことにより、そうした容器や包装がリサイクルされて新たな製品として生まれ変わります。

また、ご家庭で不要となったエアコン、テレビ、冷蔵庫・冷凍庫、洗濯機・衣類乾燥機はリサイクルを行うこととなっており、大阪府では消費者の負担を軽減することを目的に、「家電リサイクル大阪方式」を推進しています。

今回のアンケート調査では、府民のみなさんのリサイクル実態を把握するとともに、今後、府や市町村のリサイクル施策を推進するにあたっての資料として活用することを目的としています。

アンケート実施期間:平成22年2月18日(木)〜3月4日(木)
アンケート回答者数:1502人

Q1 あなたがお住まいの地域において、リサイクルできる容器や包装として市町村やスーパー等が分別収集しているものについて、どのようなものを知っていますか?知っているものについて、いくつでも選んでください。【あてはまるものを全て選択】

回答者数1502 
ガラスびん(無色、茶色、その他の色)113075.23%
スチール缶104869.77%
アルミ缶128485.49%
ペットボトル142394.74%
牛乳パック等の飲料用の紙パック133288.68%
菓子箱等の紙製容器29719.77%
段ボール88058.59%
白色トレイ116877.76%
食品等のプラスチック製容器(トレイ以外)70947.20%
上記の中に知っているものはない161.07%

Q2 あなたは、ふだん、Q1の缶、びん、ペットボトルなどの資源物を分別していますか?下記の中から該当するものを一つだけ選んでください。【1つだけ選択】(必須)

回答者数1502 
必ず分別をしている93462.18%
だいたい分別をしている50233.42%
あまり分別をしていない412.73%
全く分別をしていない251.66%

Q3 容器や包装などのごみを少なくするために、あなたがふだんの買い物などで心がけていることについて、該当するものを次の中からいくつでも選んでください。【あてはまるものを全て選択】

回答者数1501 
使い捨て商品を買わないようにしている。24416.26%
詰め替え商品や量り売りしている商品を買うようにしている。100667.02%
長く使える商品を買うようにし、数回程度しか使用しないものは、レンタル等を利用している。16611.06%
買い物時にはマイバックを持参している。91861.16%
過剰な包装は断るようにしている。78852.50%
特になにもしていない1187.86%
その他171.13%

Q4 あなたが家庭で容器や包装などの分別に取組むにあたって、負担だと思うことはどんなことですか?最も負担だと思うことを1つ選択してください。【1つだけ選択】

回答者数1501 
他のごみとの分別に時間や手間がかかる。1419.39%
回収場所への持込に時間や手間がかかる。1067.06%
回収場所へ持ち込むまで保管する場所がない。29319.52%
洗う手間がかかる。31621.05%
分別の種類ややり方がよくわからない。1137.53%
分別収集の回数が少ない。17211.46%
決められた日や時間にごみ出しができないなど、生活パターンに制約があり分別が難しい。845.60%
とくに負担を感じない。24216.12%
その他342.27%

Q5 ふだん、再使用(リユース)や再生利用(リサイクル)をするためあなたが心がけていることについて、該当するものを次の中からいくつでも選んでください。【あてはまるものを全て選択】

回答者数1501 
資源物をきちんと分別して定められた場所に出している。117978.55%
リサイクルしやすいように、資源物として出すビンや缶などは、汚れを落とし、洗って出している。94763.09%
スーパー等で、ペットボトルやトレイなどの資源物を回収している場合は積極的に持ち込むようにしている。67845.17%
生ごみは、堆肥にしている。785.20%
古着を雑巾として利用するなど、不要になったものでも他の目的で利用する。74649.70%
牛乳瓶等の再使用できるびんを使った商品を買うようにしている。895.93%
不要になったものは、中古品販売店に持ち込んだり、バザーやフリーマーケット等で売るなどしている。41827.85%
特に何もしていない。744.93%
その他281.87%

Q6 日用品などの買い物をするときに、リサイクル製品(リサイクルされた原料等をもとにつくられた製品)を購入していますか?以下の中から、1つだけ選んでください。【1つだけ選択】

回答者数1497 
価格や品質よりもリサイクル製品であることを重視して購入している。422.81%
価格や品質が同じならばリサイクル製品を購入するようにしている。76951.37%
リサイクル製品を考慮して購入することはほとんどない。58138.81%
リサイクル製品を考慮して購入することは全くない。1057.01%

Q7 リサイクルを進めるために必要なことはどんなことだと思いますか?最も効果的だと思う手段について3つまで選んで順位付けをしてください。【3つまで選択】

回答者数1132 
個人のリサイクル意識を向上させる。68760.69%
分別収集を進めるなど、市町村のリサイクルについての取組みを充実させる。60953.80%
府や市町村など行政が、進んでリサイクルされたものを使用する。30827.21%
製造メーカーが、リサイクルしやすいパッケージを開発したり工夫する。79670.32%
自治会等の地域団体が、集団回収等のリサイクルの取組みを進める。20818.37%
スーパーなどの小売店やNPO等の民間団体等が、独自にリサイクル活動(容器の収集など)を行う23720.94%
学校で、リサイクルについての教育を行う。33829.86%
その他726.36%

Q8 リサイクルを進めるために、市町村の取組みとして効果的なことはどのようなことだと考えますか?以下の中から最も効果的だと思うことについて、3つまで選んでください。【あてはまるものを3つまで選択】

回答者数1179 
分別する種別を追加する。1089.16%
収集する回数を増やす。51743.85%
びんや缶及びペットボトルを一緒に収集するなど、収集する際の分別を簡単にする。56047.50%
回収方法やリサイクルについて、市町村の広報紙やホームページなどの内容を充実したり、わかりやすくする。31626.80%
分別したものが、資源として生まれ変わる量や、製品になるもの、利用されている状況などの情報を提供する。48941.48%
分別収集等にかかる経費についての情報を提供する。19916.88%
資源物以外のごみを有料化し、ごみとして捨てられる量を減らす。13811.70%
古紙や紙パックなどの集団回収による報奨金(助成金)制度などを充実させる。48641.22%
行政だけでなく、スーパー等の事業者や地域団体と協力し、ごみの減量化やリサイクルに取組む。45538.59%
その他564.75%

Q9 あなたは家電4品目(エアコン、テレビ、冷蔵庫・冷凍庫、洗濯機・衣類乾燥機)のリサイクルをしたことはありますか。【1つだけ選択】

回答者数1495 
リサイクルしたことはない46631.17%
「家電リサイクル大阪方式」でリサイクルを依頼946.29%
家電販売店にリサイクルを依頼85957.46%
郵便局でリサイクル費を支払い、市町村にリサイクルを依頼432.88%
その他332.21%

Q10 あなたは、メーカーが設定するリサイクル料金より安く、適正にリサイクルができる「家電リサイクル大阪方式」を知っていましたか?【1つだけ選択】(必須)

回答者数1502 
名前も内容も知っていた。1006.66%
名前は聞いたことがあった19312.85%
名前は知らなかったが、そのような方法があると聞いたことがあった15810.52%
知らなかった105169.97%

Q11 大阪方式をどのようにしてお知りになりましたか?【あてはまるもの全て選択】

回答者数446 
新聞 8819.73%
ミニコミ誌163.59%
チラシ・ポスター 429.42%
市町村の広報誌やゴミカレンダー8118.16%
府政だより  15133.86%
大阪方式のシステム管理者(大阪リサイクル事業協同組合)のホームページ132.91%
府のホームページ 6815.25%
市町村のホームページ173.81%
インターネット(大阪方式のシステム管理者・府・市町村のホームページ以外)4810.76%
家電販売店の店頭 5111.43%
業界団体の情報143.14%
知人・友人4510.09%
その他337.40%

このページの作成所属
政策企画部 企画室推進課 推進グループ

ここまで本文です。


ホーム > 府政運営・市町村 > 政策 > 大阪府の政策マーケティング・リサーチ > おおさかQネット「リサイクルに関するアンケート結果概要」