米国ライフサイエンス市場開拓ミッションの実施(2015年度)

更新日:平成27年6月30日

ライフサイエンス分野の見本市での出展支援を行いました

世界最大級のバイオ関連見本市である「BIO International Convention」に大阪ブースを出展し、参加企業の海外展開を後押しするとともに、ライフサイエンス分野を得意とする大阪の優位性をPRしました。

【2015 BIO International Convention 概要】

  • 会 期  2015年6月16日(火曜日)から18日(木曜日)
  • 開催地  米国・ペンシルバニア州 フィラデルフィア
  • 会 場  Pennsylvania Convention Center
  • 主催者  Biotechnology Industry Organization(BIO)                

【米国ライフサイエンス市場開拓ミッション 概要】

  • 期 間  2015年6月15日(月曜日)から19日(金曜日)
  • 参 加  7社7名(オブザーバー含む)

参加募集案内 [Wordファイル/79KB] 参加募集案内 [PDFファイル/136KB]

◆6月15日(月曜日) 展示会設営準備、大阪セミナーの開催
参加企業及び大阪府によるプレゼンテーション及び交流会を実施し、情報交換やネットワーキング等を行って頂きました。

セミナーチラシ [Wordファイル/82KB](英文) セミナーチラシ [PDFファイル/64KB](英文)

presentation  seminar  seminar2  seminar3
                              プレゼンテーション                                       交流会の様子

◆6月16日(火曜日)から18日(木曜日) 終日「2015 BIO International Convention」に参加
各参加企業は、パートナリングシステム(主催者が運営する、ウェブによる事前マッチングシステム)による商談に臨みました。

bio2015  bio 2015-2  booth  meetings
                              展示会場の様子                  大阪ブース          ブース訪問者対応

◆6月19日(金曜日) University City Science Center訪問
1963年に創設された、全米でも屈指の都市型大規模インキュベーションセンターであるUniversity City Science Centerを視察しました。
同施設は支援対象企業の広範なネットワークを持ち、製薬企業や体外診断薬、その他バイオ系の企業も多数含まれるなど、ライフサイエンス分野においても高い競争優位性を有しており、訪問時には大阪企業によるプレゼンテーション及び関連入居企業との意見交換を実施しました。

site-visit  presentation  site-visit  site-visit3
                              プレゼンテーション                            施設見学

 本ミッションの参加者からは、「最新のテクノロジーの状況が短期間の間に把握できた」「ミーティングにて色々と新しい情報を得ることが出来た」「今後の共同研究につながりそうな企業と面談できた」などのコメントをお寄せいただきました。
 また、「本ミッションは皆様のビジネスのお役に立つものでしたか?」というアンケート項目に対しては、「大変役に立った」「役に立った」という回答をいただくなど、高い評価をいただきました。


 

このページの作成所属
商工労働部 成長産業振興室国際ビジネス・企業誘致課 ビジネスグローバル化支援グループ

ここまで本文です。


ホーム > 商工・労働 > 経済交流促進 > 海外での大阪産業プロモーション・販路開拓支援 > 米国ライフサイエンス市場開拓ミッションの実施(2015年度)