平成23年度包括外部監査報告書

更新日:2012年2月10日

平成23年度 包括外部監査報告書

大阪府包括外部監査人 里見 優

目次

  • 第一編 包括外部監査の概要 [Wordファイル/91KB]

    第1 監査の種類
    第2 選定した特定の事件(監査テーマ)
     
    1.監査の対象
     
    2.監査対象期間
    第3 特定の事件(監査テーマ)を選定した理由
    第4 監査の視点(監査要点)
    第5 主な監査手続
    第6 監査対象
    第7 監査の実施時期
    第8 監査の実施者
    第9 利害関係
    第10 指摘事項の記載方法

  • 第二編 業務委託を中心とする契約事務について

    第1 委託事務の概要等 [Wordファイル/708KB]
     
    1.委託の意義
      
    (1)委託の定義
      
    (2)委託業務の種類
     2.業務委託に当たっての原則
      
    (1)地方自治法
      
    (2)地方財政法
      
    (3)競争の導入による公共サービスの改革に関する法律(いわゆる「市場化テスト法」)
      
    (4)地方公共団体における業務委託の要件
     
    3.契約の方法
      
    (1)契約締結の方法による分類
      
    (2)契約者の決定方法による分類

    第2 地方公共団体の委託に関わる取組み並びにその歴史 [Wordファイル/83KB]
     
    1.地方自治法等の改正の流れ
     
    2.主な制度の趣旨
      
    (1)競争入札参加資格
      
    (2)競争入札における落札者決定の例外
     
    3.契約を巡る新しい流れ
      
    (1)プロポーザル方式の制度
      
    (2)随意契約の適正な運用に向けての取組み
      
    (3)契約審査会の設置

    第3 大阪府の委託事務に関する取組み [Wordファイル/93KB]
     
    1.委託料を含む経費削減に対する取組み
      
    (1)財政再建プログラム
      
    (2)財政構造改革プラン
     
    2.委託事務の適正化に対する取組み
      
    (1)競争入札
      
    (2)プロポーザル方式の導入
     
     (3)随意契約ルールの徹底
      
    (4)契約局の設置及び運用

     第4 大阪府の委託の状況 [Wordファイル/224KB]
     
1.委託の概要
                  
(1)委託契約の状況
                  
(2)委託元別の詳細な状況
                  
(3)各部局の業務類型別の状況(出典:大阪府ホームページ)
              
2.委託の事務の概要
                  
(1)委託契約事務に関する法規と大阪府財務規則の確認
                  
(2)委託契約事務のフロー

            第5 監査の対象・監査の実施方法 [Wordファイル/77KB]
              
1.監査対象とする委託契約の抽出のポイント
              
2.その抽出結果
              
3.監査の実施方法
              
4.監査の重点項目
                
(1)公益法人に対する委託
                
(2)IT関連事業に関する委託
                
(3)同種の業務委託契約の集約の可能性

           第6 監査の結果 [Wordファイル/976KB]
              
1.大阪府の公益法人に対する業務委託
                
(1)大阪府の公益法人に対する委託の概要
                
(2)公益法人に対する積算基準の概要
                
(3)公益法人の概要
                
(4)監査の手法
                
(5)公益法人に対する委託に関する監査の結果と意見
              
2.大阪府の情報システム(IT)関連の業務委託
                
(1)IT事業全体の規模
                
(2)情報システムの企画・計画から運用・保守に至る標準的なプロセス(IT事業の流れ)
                
(3)委託事業に係る業務委託契約形態
                
(4)IT事業における一般的な業務委託契約形態のパターン
                
(5)IT事業におけるライフサイクルコストとは
                
(6)サンプル調査対象システムとその概要
                
(7)情報システム関連の事業に係る業務委託に関する監査の結果と意見
            
3.同種の業務委託契約
                
(1)消防設備保守業務
                
(2)電話設備保守点検業務
                
(3)プール浄化装置保守点検業務
                
(4)昇降機設備保守点検業務
                
(5)その他単発的に発生する契約案件のとりまとめについて
            
4.その他の業務委託契約
                
(1)委託契約の記載事項についてはあらゆる事態を十分検討し明確にしておくべき
                
(2)一連の業務のトータルコストを最大限抑えられるような契約方法を十分に検討すべき
                
(3)受注の機会の可能性を最大限に確保するためにあらゆる配慮・努力を払うべき
                
(4)比較見積の省略は限定的な場合にのみ認めるべき
                
(5)積算や価格の経済性の検討に当たっては他との比較が有効であることから積極的に比較を実施すべき
                
(6)トータルコストの削減のためにできるだけ業務上の制約を排除すべき
                
(7)契約書の金額が一般競争入札における落札金額と異なったまま、契約の締結が行われていた

  • 第三編 物品を中心とする財産の取得、管理及び処分について

            第1 物品の意義と管理事務の概要 [Wordファイル/247KB]
            
1.物品の意義
            
2.物品に関する原則
               
(1)地方財政法
               
(2)大阪府財務規則第6章
            
3.大阪府における物品の状況の概要
            
4.大阪府の財産、特に物品に関する事務について
               
(1)財産に関する法規と大阪府の定める規則、規程等
               
(2)物品管理事務のフロー

            第2 監査対象及び監査の実施方法 [Wordファイル/151KB]
            
1.監査対象
                
(1)公衆衛生研究所(健康医療部所属)
               
(2)南大阪高等職業技術専門校(商工労働部所属)
                
(3)富田林土木事務所(都市整備部所属)
            
 2.監査の視点並びに実施方法
               
(1)監査の視点
               
(2)具体的な監査実施事項
               
(3)事前分析(「1.監査対象」参照)から得た監査対象における特徴と特に留意する視点

           第3 監査の結果 [Wordファイル/144KB]
             
1.消耗品の物品管理について(結果及び意見)
              
(1)劇物の管理について
              
(2)比較的高額の消耗品については備品に準じた現物管理をすべきであり、会計局の主導の下、全庁的な取扱いをルール化することを検討すべき
              
(3)その他
           
2.備品を台帳にて適切に管理し、現物と一致するよう定期的に照合すべき(意見)
           
3.不用決定を厳格に判断し、不用決定後の管理を適切に実施すべき(結果及び意見)
           
4.科学研究費補助金による取得物品の寄附受入前の備品管理を実施すべき(意見)
           
5.現場発生品の取扱いについて(結果及び意見)
           
6.現状の備品管理における不備について(結果)
              
(1)備品ラベルと現物との非対応について
              
(2)備品ラベルの貼付方法の不統一について
             
(3)型番誤りによる備品ラベル貼付もれについて
             
(4)備品ラベルの貼付もれ
             
(5)物品取扱責任者の保管場所についての認識と実際の保管場所との相違について
             
(6)不用品の放置について
             
(7)破棄又は紛失された備品について
             
(8)リース契約により調達した備品の管理について
           
7.調達事務の適正化について(結果及び意見)
              
(1)不用と思われる物品の発注について
             
(2)プリンタの調達に当たっては、調達後の消耗品のトータルコストも十分加味して行うべきである
             
(3)USBメモリ等の外部記憶装置の調達について
   
       (別表1)【指摘事項一覧表】 [Wordファイル/76KB]
       (別表2)【大阪府機構一覧表】 [Wordファイル/199KB] 
       (別表3)【物品例示表】 [Wordファイル/652KB]

このページの作成所属
監査委員事務局 監査委員事務局総務課 企画グループ

ここまで本文です。


ホーム > 府政運営・市町村 > 総務・人事 > 外部監査 > 平成23年度包括外部監査報告書