大阪府の水循環再生の取り組みについて

更新日:2016年8月18日

大阪21世紀の新環境総合計画


 「大阪21世紀の新環境総合計画(平成23年3月)」において、健全な水循環の保全・再生を主な施策として挙げており、森林や農地・ため池等の保全による流域の雨水浸透、貯留などの水源かん養機能の保全・回復・増進や、節水や雨水利用の促進、地下水・下水処理水の活用等により、流域一体となって水循環の保全・再生を図ります。

水循環再生の取り組み

表題見出川流域でのモデル事業

近年、見出川は、河川BODの全国ワースト上位の常連となるなど、水環境に係る様々な課題を抱えています。
 こうした課題の解決を図るため、平成19年度から環境省の水循環再生の計画作成に係るモデル事業「健全な水循環の構築に向けた計画策定業務」がスタートしています。環境省、大阪府、関係市町、地元小学校、市民団体、学識経験者による見出川流域水循環再生協議会が設立され、水循環再生に向けた取組みについての検討を進めています。

〔健全な水循環の構築に向けた計画策定業務(環境省モデル事業)について〕

 ◆ 対象見出川流域
 ◆ 期間平成19年度から平成21年度
 ◆ 目的 ・流域住民の水環境保全の機運醸成及び市民活動の促進
 ・健全な水循環の構築に向けた計画づくり など
 ◆ スケジュール
 スケジュールの図
 ◆ 見出川流域水循環再生協議会メンバー
 ・貝塚市立南小学校
 ・泉佐野市立長坂小学校
 ・熊取町立東小学校
 ・エコクラブ近木っ子探検隊
 ・近木川流域自然大学研究会
 ・(財)泉佐野市公園緑化協会
 ・NPO法人グリーンパーク熊取
 ・貝塚市立自然遊学館
 ・大阪府立大学 増田昇教授(座長)
 ・大阪府立泉南高等学校 田中正視教諭 (副座長)
 ・貝塚市
 ・泉佐野市
 ・熊取町
 ・大阪府
 ・環境省近畿地方環境事務所
第1回協議会の様子


 ■協議会の取り組みについて
  ・見出川交流会・私の水辺大発表会(泉南こども地域交流会)の開催について
  ・見出川パネル展わがまちの見出川をもっと知ろうの開催について

このページの作成所属
環境農林水産部 環境管理室環境保全課 環境計画グループ

ここまで本文です。


ホーム > 環境・リサイクル > 生活環境保全 > 水循環の再生 > 大阪府の水循環再生の取り組みについて