おおさかレインボウぷろじぇくと!

更新日:2017年9月5日

おおさかレインボウぷろじぇくと!  雨水からはじめよう!豊かなまちづくり!

 大阪府では、「雨を宝」として大切に使う社会づくりや水とみどりが豊かなまちづくりを目指すため、平成17年度から雨水利用の取組みを「おおさかレンボウぷろじぇくと!」として推進しています。レインは雨、ボウは宝を意味します。

これまでの取り組み

 雨水利用推進のきっかけづくりや、さらなる普及に向けた支援体制強化のため、下記の事業を実施しました。

  • 雨水利用による地域環境活動推進モデル事業・・・・・(H17−18)
  • 雨水・地下湧水を活用したヒートアイランド対策モデル事業・・・・・(H18)
  • 雨水利用先進都市推進モデル事業・・・・・(H19)   など

  >>詳細(これまでの事業の紹介)はこちらへ

雨水利用の啓発資材(教材、事例集)

 平成17年度−18年度に、府民、企業、NPO等と協働で府域16ヶ所に、雨水利用の体験の場を創出し、地域の方に雨水のモニター活動をしていただきました。

 約2年間で雨水モニターさんからご提供いただいた意見やアイデア、実践事例などを2種類の冊子にとりまとめました。

 環境学習をしたい、雨水利用をはじめてみたいという方は、ぜひご活用ください。

          教材                         事例集

雨水利用の教材「雨みずについて学ぼう!」 [PDFファイル/2.07MB]   雨水利用の事例集「誰でもできる!楽しい雨水利用!」 [PDFファイル/1.71MB] 

レインボウちゃんの冒険すごろく [PDFファイル/2.08MB]

簡易雨水利用診断ソフト

 家庭で雨水タンクを設置する場合に、雨水の利用可能量や、節水によるCO削減効果などの簡易診断ができるシミュレーションソフト(EXCELソフト)を作成しました。

 ここでは、簡易的に雨水利用を診断するソフトをダウンロードできます。

 大阪管区気象台の年間降水量を元に診断します。

 まずは、下記のお住まいの地域(アメダスの観測地点名)をクリックしてください。エクセルのワークシートが開きます。ファイルダウンロードの画面が表示されたら[開く]を選択してください。また、マクロ機能を使用していますので、警告画面が表示された場合は、[マクロを有効にする]をクリックしてください。尚、エクセルのバージョンによっては、[この発行者のマクロを常に信頼する]にチェックをつけなければ、マクロ機能が有効にならない場合もあります。

 (注意)本診断ソフトは、一般家庭で雨水利用を行う場合を想定しており、計算はあくまで概算になります。

 >>雨水貯留タンク設置シミュレーション(大阪) [Excelファイル/1.02MB]

 >>雨水貯留タンク設置シミュレーション(堺) [Excelファイル/995KB]

 >>雨水貯留タンク設置シミュレーション(豊中) [Excelファイル/995KB]

 >>雨水貯留タンク設置シミュレーション(枚方) [Excelファイル/995KB]

 >>雨水貯留タンク設置シミュレーション(箕面) [Excelファイル/995KB]

 >>雨水貯留タンク設置シミュレーション(能勢) [Excelファイル/995KB]

 >>雨水貯留タンク設置シミュレーション(八尾) [Excelファイル/995KB]

 >>雨水貯留タンク設置シミュレーション(河内長野) [Excelファイル/995KB]

 >>雨水貯留タンク設置シミュレーション(熊取) [Excelファイル/995KB]

(入力画面のイメージ)                            (診断結果画面のイメージ)

入力画面のイメージ        診断結果画面のイメージ

(参考)簡易雨水利用診断ソフトの計算、コメントの条件について

◆雨水利用量等の計算式について

 屋根に降った雨水の量(L/年)=屋根の面積(平方メートル)÷雨どいの本数×降雨量(mm/年)×トイ流入率(0.9)×雨水フィルター収率(1.0)

 設定した条件で利用できる雨水の最大量(L/年)=(毎日たまった雨水を全て使うと仮定して)タンクにたまる雨水の量(L/日)の積算

 設定した条件で想定できる雨水利用量(L/年)=毎日の雨水利用予定量(L/日)の積算(日降水量が3mm以上の日は除く、タンクが空のときも除く)

 風呂おけ換算(杯分/年)=想定できる雨水利用量(L/年)÷300リットル/杯

 節約額(円/年)=想定できる雨水利用量(L/年)÷1000×300円/㎥(下水道料金を含む)

 CO2削減量(kg-CO2/年)=想定できる雨水利用量(L/年)÷1000×0.58kg/㎥

◆診断結果のコメントの条件について

 雨水利用率(%)=想定できる雨水利用量(L/年)/利用できる雨水の最大量(L/年)×100

 ○70%以上「かなり雨水を有効に利用できています。さらにタンクの増設を考えてみては!」

 ○70%未満60%以上「まだまだ使える雨水があります。さらに工夫して、もっと雨水を使いましょう!」

 ○60%未満「もっと雨水を利用できます!使わずに流してしまうのは、もったいない!」

このページの作成所属
環境農林水産部 環境管理室環境保全課 環境計画グループ

ここまで本文です。


ホーム > 環境・リサイクル > 生活環境保全 > 水循環の再生 > おおさかレインボウぷろじぇくと!