水循環の再生について

更新日:平成21年8月5日

健全な水循環とは(自然の水循環)


 雨水は、天からの恵みの水として、森や野原に注ぎ、田んぼや池にたまったり、川に集まって流れます。
 また、ゆっくりと大地にしみ込み、森の木や野原の草花に吸い上げられます。地面の奥深くにもしみ込み、地下水として流れます。
 こうしてやってきた水が、私たちの生命を育み、生活を豊かにしてくれます。
 そのあと、再び川にもどり、やがて海に流れつきます。
 水の旅はこれで終わりではありません。水は、いろいろな場所で蒸発し、やがて雲となり、再び私たちのもとに、雨となってもどってきます。

自然の水循環のイメージ(降雨、浸透、かん養、流出、蒸発、水環境の形成)

豊かな水の循環による恩恵

豊かな水の循環による恩恵

水は私たち生きものの命を育んでくれます。
 水は土砂を運んだり、植物や魚に必要な栄養分を運んでくれます。水は熱も運んでくれます。その結果、気温を安定させ気候を緩和してくれます。
 緑やため池や田んぼが持つ気温を下げる力も水のおかげです。川では、豊富な水量や豊かな水辺が水質浄化を促進し、豊かで多様な生態系を維持してくれます。また、保水力の大きい豊かな森は、自然のダムとして私たちの生活を守ってくれます。

水がつないでくれるもの(森、空、川、池、山、田畑、土、海、命)

豊かな水の循環は、空、森、川、池、大地、海をつなぎ、そして、私たちや他の生きものの命をつないでいるのです。

このページの作成所属
環境農林水産部 環境管理室環境保全課 環境計画グループ

ここまで本文です。