水循環の様々な課題

更新日:平成21年8月5日

地域ごとの様々な課題

表題森林地域では・・・

森林地域の絵 ○開発等により森林面積が減少すると、
○人工林や里山が手入れ不足になると、
画像です。矢印 
○荒れた森林では下草が生えず、土壌が雨で流されやすくなり、水の保水力が衰えます。
○豊かな森林が持つ自然のダムの力(地下水かん養力)が衰えます。地盤も不安定になります。
○河川の水量の維持機能が不安定になります。

表題農村地域では・・・

農村地域の絵 ○田畑が減ると、
○農業用排水路のコンクリート構造化が進むと、
画像です。矢印
○気温安定機能や水質浄化機能が衰えます。
○小さな自然のダムの機能が衰えます。
○生き物の生育・生息空間が減り、生態系のバランスが崩れます。

表題都市地域では・・・

都市地域の絵 ○大量消費型・大量廃棄型のライフスタイルや社会への変化が進むと、
○コンクリート構造化が進み自然面が減ると、
画像です。矢印 
○生活・産業排水による水質汚濁が進行します。
○地域における水の浸透能力、かん養能力が乏しくなって、降った雨が一気に流れ、都市型洪水や渇水が起こりやすくなります。
○ヒートアイランド現象が進行します。

表題河川や海域では・・・

(河川) (海域)
○生活排水等からの汚濁負荷量が増大すると、
○豊かな水辺環境が減少すると、
○流域の水かん養能力が衰えると、
○藻場、干潟、自然海岸が減ると、
○陸域からの汚濁負荷量が増大すると、
○自然海岸が減り、垂直護岸が増えると
画像です。矢印 画像です。矢印 
○水質が悪化します。
○水質浄化能力が衰えたり、生態系が貧弱化します。
○水量が減り、水辺環境が悪化します。
○自然の浄化能力が低下します。
○産卵場や稚魚の成育場所が減るなど、生き物の成育・生息環境が悪化します。
○富栄養化が起こり、赤潮や底層の貧酸素水塊が生じ水質・水環境が悪化します。

 

表題人と水との関係は・・・

 各地域での水循環の変化により、水を目で見たり、手でふれたりする機会が減るなど、水との関係が薄くなってきています。

私たちの生活

 私たちは生活の中でたくさんの水を使用しています。水のムダづかいはしていませんか?
 あらためて自分たちの生活をふりかえり、水を大切に使い、水を汚さない工夫を考えてみましょう。

私たちの生活イメージ図

私たちができること

表題生活排水対策

 川や海の汚れの主な原因は生活排水です。生活排水をできるだけきれいに流す工夫をしていただくことで、より健全な水循環の再生につながります。

表題 雨水利用

 雨水利用は、水資源の有効利用の一つです。雨水をためて利用したり、ゆっくり地面にしみ込ませることにより、健全な水循環の再生につながります。
 ここでは、家庭など身近なところからできる雨水利用について紹介しています。


このページの作成所属
環境農林水産部 環境管理室環境保全課 環境計画グループ

ここまで本文です。