【検討終了】介護保険制度の広域化に関する検討


概要

時間 :平成24年11月12日 午後1時00分から

場所 :大阪府庁新別館南館第4研修室

出席者:町村長会環境厚生部会の各町長、高齢介護室長、介護支援課長、同課総括主査

議題 :介護保険制度の広域化について

(概要)

高齢介護室長から、各町長に対し、9月19日に開催された町村長会第3回総会以降の経過についての報告を行いました。

【主な意見】
・広域化については財政的な部分だけではなく、サービス利用の広域化や府町村が連携した取り組みの推進が必要であり、介護保険制度を持続可能なものとし高齢者が安心して暮らし続けることのできる社会にしていくため、どのような制度を目指し取り組んでいくのかを府と町村長会が真摯に議論し、国に抜本的な改革を求めていくべきところを整理することが必要である。

【結論】
・介護保険制度を持続可能なものとするために府と市町村が進めるべき取組みについて、府と市町村の間で意見交換を進めることになりました。

府民チェックボードの用語説明

このページの作成所属
福祉部 高齢介護室介護支援課 企画調整グループ

ここまで本文です。