市町村が実施している在宅福祉サービス(例)

更新日:平成27年3月31日

   市町村ごとにサービスや利用方法、自己負担などが異なりますので、詳しくはお住まいの市町村にお問合わせください。

高齢者住宅等安心確保事業

 シルバーハウジングなどを対象に、生活援助員を派遣し、生活相談・指導、安否確認、緊急時の対応や一時的な家事援助などを行います。

住宅改造助成事業

 住み慣れた地域で高齢者が自立し、安心して生活が送れるよう、また、介護者の負担軽減を図るため、自立支援を要する当該高齢者の住宅を身体の状況等に応じて、安全かつ利便性に優れたものに改造することに要する費用を助成します。

食の自立支援事業(配食サービス)

 高齢者単身世帯や高齢者のみの世帯などを対象に、食関連のサービス利用調整や栄養のバランスのとれた食事を提供するとともに、訪問によって安否を確認します。

緊急通報体制等整備事業

 高齢者単身世帯や高齢者のみの世帯などを対象に、緊急通報装置の給付又は貸与を行い、訪問によって安否の確認などを行います。

このページの作成所属
福祉部 高齢介護室介護支援課 地域支援グループ

ここまで本文です。


ホーム > 福祉・子育て > 高齢者 > 高齢者の生きがい・支え合い体制づくり > 市町村が実施している在宅福祉サービス(例)