アクティブシニアパートナー施設(府)

更新日:令和3年3月30日

 

大阪府立弥生文化博物館  

大阪府立弥生文化博物館は、弥生文化に関する資料と情報を収集・保存・研究・展示し、弥生文化に広く親しみ、学習していただくことを目的としています。地元の遺跡にとどまらず、弥生文化全般を広く対象とする全国で唯一の博物館です。
割引情報:敬老の日 65歳以上入館料無料

※ 記載内容は、令和3年2月の情報を記載しています。

 

大阪府立近つ飛鳥博物館

 「日本古代国家の形成過程と国際交流をさぐる」をテーマにした博物館です。
 「近つ飛鳥」という呼び名は、『古事記』の中で、難波の宮などから近い方の飛鳥(河内の飛鳥)と、遠い方の飛鳥(大和の飛鳥)という呼び方をしていたことによります。
  付近には一須賀古墳群を保存した史跡公園「近つ飛鳥風土記の丘」がひろがっています。
割引情報:敬老の日 65歳以上入館料無料

※ 記載内容は、令和3年2月の情報を記載しています。

 
 
 

ピースおおさか(大阪国際平和センター) 

 ピースおおさかでは、戦争の実態を展示し、遺品などを保存しています。二度と戦争や争いを起こさないために、戦争と平和について考えていただくための施設です。
割引情報:65歳以上入館料無料(ただし、年齢を証明する書類などの提示が必要です。)

※ 記載内容は、令和3年2月の情報を記載しています。

 
 

日本民家集落博物館

 日本民家集落博物館は、日本各地の代表的な民家を移築復元し展示するため、日本で最初に設置された野外博物館です。
 服部緑地公園の一角で梅、桜、竹、柿など多くの樹木や草花に囲まれた敷地に、北は岩手県「南部の曲家」から南は鹿児島県「奄美大島の高倉」まで12棟の民家を集めています。
割引情報:毎月15日(アクティブシニアの日) 65歳以上入館料半額

 ※ 記載内容は、令和3年2月の情報を記載しています。

 
 
 

ビッグバン(府立大型児童館)

 「遊び」をテーマに「子どもの豊かな遊びと文化創造の中核拠点」として、平成11年6月にオープンしました。 名誉館長の松本零士が創作した”宇宙からの訪問者「ベアル」と「メロウ」の旅物語”に沿った、ストーリー性のある空間を演出しています。外観は、着陸 した宇宙船をイメージしたものです。
割引情報:65歳以上の方の入館料半額(ただし、年齢を証明する書類などの提示が必要です。)

※ 記載内容は、令和3年2月の情報を記載しています。

 
 
 

大阪府立門真スポーツセンター(東和薬品ラクタブドーム)

 可動床を採用しており、季節に応じてプール、アイススケートリンク、フロアになるメインアリーナをはじめ、サブアリーナなど、充実した施設で、競技会などに利用されるほか、スポーツ教室やイベントも実施しています。
割引情報:毎月15日(アクティブシニアの日) 65歳以上トレーニング・サブプール・アイススケートの1施設1回利用料500円
(総合案内にて年齢の分かるものを提示して下さい。(免許証・保険証等)

※ 記載内容は、令和3年2月の情報を記載しています。


狭山池博物館ほか無料の施設

   
 

大阪府立狭山池博物館

 景観整備により新たな親水空間に生まれ変わった狭山池と一体となった博物館です。
 狭山池の堤や出土文化財を中心に、人間の最も基本的な営みである水と大地との関係を考え、土地開発の歴史をテーマにした専門的な博物館です。講演会やイベントを通じて南河内における「文化創造」の拠点となることをめざします。
割引情報:入館無料

※ 記載内容は、令和3年2月の情報を記載しています。

 

大阪府公文書総合センター 

 府が作成・入手した公文書や資料類のうち歴史的・文化的な価値があるものを保存し、広く府民の皆様にご利用いただく施設です。
割引情報:入館無料

※ 記載内容は、令和3年2月の情報を記載しています。

 

大阪府民の森

 「大阪府民の森」は、府民の皆さんに金剛生駒紀泉国定公園の豊かな自然に親しんでいただくため、大阪府が整備した自然公園です。北は“くろんど園地”から南は“ほりご園地”まで9つの園地が整備されています。
 また、箕面ビジターセンターは、明治の森箕面国定公園の政の茶屋園地内にあり、箕面国定公園の自然・文化を紹介しています。
割引情報:入園無料

※ 記載内容は、令和3年2月の情報を記載しています。

大阪府立上方演芸資料館(ワッハ上方)

 「ワッハ上方」とは「大阪府立上方演芸資料館」の愛称です。「残す」「楽しむ」「挑戦する」がワッハ上方の理念であり、全国でも珍しい「笑いと演芸」をテーマにした公立施設です。
割引情報:入館無料

※ 記載内容は、令和3年2月の情報を記載しています。

 

 

※ 記載内容は、パートナー登録申込のほか、施設のホームページなどの内容を参考にしています。
※ 9月は、高齢者保健福祉月間です。
※ 9月15日は、同月間の啓発事業とあわせて、アクティブシニアの日のPR活動を重点的に実施する日です。
※ 「証明要提示」との掲載がない施設でも、年齢を示す書類などの掲示を求めることがあります。
※ 期間・日時の表示には、休館日等を考慮しておりません。該当の日が休館日にあたる場合の扱いは各施設にお問い合わせください。
 その他、割引や施設利用の詳細については、各施設にお問い合わせください。

このページの作成所属
福祉部 高齢介護室介護支援課 地域支援グループ

ここまで本文です。


ホーム > 福祉・子育て > 高齢者 > 高齢者の生きがい・支え合い体制づくり > アクティブシニアパートナー施設(府)