地域支援

更新日:令和2年2月26日

地域包括支援センターの機能強化に向けて

 地域包括ケアシステムの構築を実現するためには、介護保険サービスに限らず、地域住民等によるインフォーマルな活動等とも連携を図っていくことが重要です。大阪府では、市町村や地域包括支援センターが主催する地域ケア会議への専門員の派遣など、地域包括支援センターの機能強化を支援しています。

詳しくはこちら

大阪府地域福祉・高齢者福祉交付金について

 市町村が創意工夫を凝らし、地域の実情や住民ニーズに沿った施策(地域福祉・高齢者福祉に関する事業)をより柔軟かつ効果的に実施できるよう、大阪府地域福祉・高齢者福祉交付金により支援しています。

詳しくはこちら

市町村が実施している在宅福祉サービスについて

  高齢者が自宅や住み慣れた地域で安心して暮らし続け、自立した生活をおくりたいというニーズにこたえるため、各種在宅福祉サービスや生きがい、社会参加活動を市町村を通じて行っています。

 市町村が事業を実施しているため、市町村ごとに利用可能なサービスや利用方法、自己負担などが異なります。
  詳しくはお住まいの市町村にお問い合わせください。

市町村が実施している在宅福祉サービスの例

生活支援コーディネーター(地域支え合い推進員)について

 生活支援コーディネーターは、高齢者の生活支援・介護予防サービスの体制整備を推進していくことを目的とし、地域において、生活支援・介護予防サービスの提供体制の構築に向けたコーディネート機能(主に資源開発やネットワークの構築の機能)を果たす役割を担っています。

このページの作成所属
福祉部 高齢介護室介護支援課 地域支援グループ

ここまで本文です。