職員数削減の取組み(一般行政部門)


概要(説明)

平成30年度の職員数(学校・警察を除く、知事部局・議会事務局・行政委員会事務局)を8,500人規模(別途、国からの権限移譲で1,000人規模)と見通した上で、平成22年度から26年度までの5年度間で900人の削減を行います。

発端は何?

平成21年8月、将来の大阪を見据えた「組織戦略」を策定。

寄せられたご意見



今後の予定は?

府政運営の基本方針(平成24年秋公表)において、平成25年度当初の職員削減数を公表します。



どこまで進んでいるの?

平成24年度組織・人員体制について


打合せ等の状況 所属等 所属等から部局等への矢印 部局等 部局等から知事・副知事等への矢印 知事・副知事等
平成24年度人員体制に係る編成作業について(打ち合わせ) 2011年10月26日
平成24年度人員体制に係る編成作業について(部長決裁) 2011年11月1日
府政運営の基本方針2012について(戦略本部会議) 2011年12月22日
平成24年度人員体制編成について(知事決裁) 2011年12月22日
平成24年度当初の職員数について【報告】 2012年5月25日
平成24年度当初の職員数について【部長報告】 2012年6月5日

ホーム > 施策プロセスの見える化 > 職員数削減の取組み(一般行政部門)

ここまで本文です。