平成30年度職員採用試験〔技術(社会人等)〕の課題 プレゼンテーション面接 【機械】

更新日:平成31年1月7日

プレゼンテーション面接課題 【機械】

 今年の大阪府は「大阪府北部を震源とする地震」、「平成30年7月豪雨」や「台風21号・台風24号」などの自然災害に見舞われ、そのうち台風21号の際には、大阪府内の広範囲で長期間停電が発生し、停電戸数は約100万戸に上りました。また、北海道では「北海道胆振東部地震」の影響により、日本で初めてブラックアウトが発生しました。
 大阪府では、今回のような自然災害に見舞われても機能を維持、発揮する必要がある多数の防災施設を保有していますが、そのほとんどの動力源を電力に依存しています。
 そこで、あなたが大阪府の設備技術者として、広範囲で長期間の停電が発生したとき、防災施設の機能を維持、発揮できるようにするために最も効果的であると考える対策について、次の(1)から(4)の内容を含めて、提案してください。

 (1) 対象とする防災施設(1施設)
 (2) 具体的な対策案(3案程度)
 (3) (2)の対策案を比較評価するための評価指標(3指標程度)
 (4) (2)の対策案を(3)の評価指標ごとに比較評価した上で、総合的に最も効果的と考える対策案とその対策案を選んだ理由

 

このページの作成所属
人事委員会事務局 人事委員会事務局任用審査課 任用グループ

ここまで本文です。


ホーム > 府政運営・市町村 > 職員採用 > 大阪府職員採用案内 > 平成30年度職員採用試験〔技術(社会人等)〕の課題 プレゼンテーション面接 【機械】