平成30年度職員採用試験〔行政(26-34)〕の課題 プレゼンテーション面接

更新日:平成31年1月7日

 

 人口減少・超高齢社会のもとで、大阪の成長の実現と安全・安心の確保を図るためには、都市としての経済機能を強化するとともに、定住魅力・都市魅力を強化することが必要です。
 あなたは、大阪府職員で、住宅まちづくり政策を所管する部署の担当者です。
 このたび、あなたは上司から、多様な人々が住みやすいまちづくりを推進するため、大阪ならではの魅力を生かした定住促進事業の企画提案を行うよう命じられました。
 そこで、上司に対するプレゼンテーションを想定して、あなたが企画した事業案について、その内容・効果等をアピールし、あなたの企画案を事業化に導いてください。

※ 費用負担面については、大阪府の実際の予算額を前提としなくて結構ですが、現実的な範囲としてください。
※ ここでとりあげる事業は、大阪府で行う事務事業であると否とを問いません。(国・市町村の事務事業に属するものであっても構いません。)
※ 架空の事業についてプレゼンテーションをしていただきますが、引用する法令、条例、資料、データ等は実際に存在しているものを引用してください。また、引用元を明確にしてください。

 

このページの作成所属
人事委員会事務局 人事委員会事務局任用審査課 任用グループ

ここまで本文です。


ホーム > 府政運営・市町村 > 職員採用 > 大阪府職員採用案内 > 平成30年度職員採用試験〔行政(26-34)〕の課題 プレゼンテーション面接