令和元年度職員採用試験〔行政(26-34)〕の問題 論文(情報分野)

更新日:令和2年2月12日

※ユニバーサルデザインの観点から、体裁や符号の使い方などについて、実際の出題とは異なる表記に変更している部分があります。

 

〔問1〕
 次の( ア )から( ウ )に該当する語句について、以下の枠内から正しいものを選び、数字で答えなさい。

 国は、2017年3月の規制改革推進会議において、事業者目線での「規制改革、行政手続の(  ア  )化、IT化の一体的推進」という観点から、2020年3月までに行政手続コスト(事業者の作業時間)を20%削減することとした。
 また、そのための3原則として、行政手続の電子化を徹底する「(  イ  )原則」、同じ情報は一度だけしか求めないという意味の「(  ウ  )原則」、「書式・様式の統一」を掲げた。この決定に基づき、昨年6月に各省庁が基本計画を策定した。
 これを受け、規制改革推進会議行政手続部会は、昨年8月末に2つの検討チームを設置し、各省庁の基本計画について集中的に点検を行い(7か月間で合計22回の会合を開催)、その点検結果を踏まえて、各省庁は本年3月までに基本計画を改定した。
 具体的には、重点分野ごとに各省庁の優良事例を他省庁でも導入するなどの基本計画見直しの基本方針を示すとともに、事業者からの要望の強い個別事項についても、各省庁に対して(  ア  )化を要請した。

1. オンライン2. オンリーワン       

3. デジタル

4. デジタルオンリー5. デジタルファースト6. ペーパーレス
7. マイナンバー8. ユニバーサルデザイン9. ワンスオンリー
10.ワンストップ11.簡素12.情報一元化
13.手続の一元化14.電子化15.見える

 
 
〔問2〕
 次の問いに記号で答えなさい。

 (1)次の計算は何進数で成立するか。

       232−145=54

     ア 5進数  イ 6進数  ウ 7進数  エ 8進数  オ 9進数

 (2)TCP/IPネットワークで利用されるプロトコルのうち、リモートコンピュータと通信して遠隔操作ができる仮想端末機能を提供し、かつ暗号化や認証機能を有するものはどれか。

     ア HTTPS  イ IPsec  ウ RADIUS  エ SSH  オ TELNET

 
〔問3〕
 次の枠内の情報技術や情報セキュリティに関する語句から、2つ選んで説明しなさい。

BPRCISOCYOD
MaaSVLAN

  
〔問4〕
 近年、民間企業だけではなく行政においても、IoT(Internet of Things モノのインターネット)を利活用した様々な取組が進んできています。例えば福祉部門でも、高齢者に関する社会的問題をIoTにより解決できないか、検討がなされています。
 そこで、高齢者に関する社会的問題における具体的な課題を挙げ、その課題の背景やIoTの特性等に触れつつ、IoTを用いてどのように課題を解決するのか、またその解決策における効果や留意すべき点について、あなたの考えを述べなさい。

このページの作成所属
人事委員会事務局 人事委員会事務局任用審査課 任用グループ

ここまで本文です。


ホーム > 府政運営・市町村 > 職員採用 > 大阪府職員採用案内 > 令和元年度職員採用試験〔行政(26-34)〕の問題 論文(情報分野)