令和元年度職員採用試験〔行政(22-25)〕の問題 論文(見識)

更新日:2020年2月12日

見識  

 道路・港湾・河川などの社会資本は、現在及び未来の国土・地域を形づくる礎であり、長期間にわたって、幅広い国民生活や社会経済活動を支えています。社会資本は、高度成長期を経て、成熟社会を目指す中で、その時々の社会経済状況に応じ、我が国の発展を支える基盤として脈々と積み重ねられてきました。
 これについて、次の(1)から(3)の問いに答えなさい。

(1) 社会資本の例を一つ以上あげ、その社会資本を整備することにより得られる効果について、述べなさい。

(2) 我が国の社会経済状況の変化をふまえ、社会資本を整備する上での課題を述べなさい。

(3) 今後の社会資本整備をどのように進めていけばよいか、あなたの考えを述べなさい。 

このページの作成所属
人事委員会事務局 人事委員会事務局任用審査課 任用グループ

ここまで本文です。


ホーム > 府政運営・市町村 > 職員採用 > 大阪府職員採用案内 > 令和元年度職員採用試験〔行政(22-25)〕の問題 論文(見識)