「大阪府石綿飛散防止対策セミナー」を開催しました

更新日:令和3年8月4日

「大阪府石綿飛散防止対策セミナー」を開催しました

 石綿を使用した建築物等の解体、改修、補修工事においては、発注者及び施工者が、大気汚染防止法及び大阪府生活環境の保全等に関する条例に定められた責務を果たし、石綿飛散防止対策を徹底する必要があります。
 このたび、石綿飛散防止対策や法令の改正内容、参考となる対策について発注者及び施工者の皆様を対象としたセミナーをオンライン配信により開催しました。

開催日

 令和3年6月28日(月曜日)14時00分から16時30分まで

説明資料

 1.大気汚染防止法及び政省令の改正について [PDFファイル/3.66MB]

 2.事前調査について [PDFファイル/6.34MB]

 3.石綿含有廃棄物等の適正処理について[PDFファイル/520KB]
       チラシ1  アスベスト廃棄物の適正処理について [PDFファイル/120KB]
       チラシ2 地震災害時に発生するアスベスト廃棄物の適正処理について [PDFファイル/122KB]
       チラシ3 産業廃棄物管理責任者について [PDFファイル/87KB]

 4・大阪府生活環境の保全等に関する条例について [PDFファイル/960KB]

このページの作成所属
環境農林水産部 環境管理室事業所指導課 大気指導グループ

ここまで本文です。


ホーム > 環境・リサイクル > 生活環境保全 > 石綿(アスベスト)対策 > 「大阪府石綿飛散防止対策セミナー」を開催しました