微小粒子状物質(PM2.5)に関する情報について

更新日:平成25年4月26日

微小粒子状物質(PM2.5)に関する情報にご注意ください!

このたび、環境省が設置したPM2.5に関する専門家会合が、3月1日に、濃度が高くなった場合における注意喚起等の指針を示したことを受け、大阪府ではこの指針に基づき、下記のとおり注意喚起が必要な場合には、府民の方、特に健康面の配慮が必要な方に速やかに注意喚起の情報が届くよう、取り組みを進めているところです。
 施設・事業者の皆様におかれましても、健康面の配慮が必要な方に速やかに注意喚起の情報を提供するため、防災情報メールのアドレスを登録いただくなど、下記(参考)の防災メールや大気汚染常時監視のホームページをご活用いただき、防災情報の収集に努めていただきますようようお願いいたします。

1.環境省の指針の概要

・暫定指針値(日平均値70μg/m3
 注意喚起は、午前5時、6時、7時の1時間値の平均が85μg/m3を超えた場合 

・注意喚起時の行動の目安(環境省が示した行動の目安)
 屋外での長時間の激しい運動や外出をできるだけ減らす。
 屋内でも換気や窓の開閉を最小限にする。
 呼吸器系や循環器系疾患のある方、小児、ご高齢者は体調に応じて、より慎重に行動する。

2.下記の地域ブロックごとに判断

   大阪市、堺市、北摂、北・中河内、南河内、泉州

3.注意喚起が必要になった場合の周知方法

防災情報メールの配信、大気汚染常時監視のホームページにおける表示 等

4.各施設向け対応マニュアル

各施設向け対応マニュアル(大阪府版) [PDFファイル/1.43MB]

 (参考)


おおさか防災ネット(外部サイト)

大気汚染常時監視のホームページ(外部サイト)



このページの作成所属
福祉部 障がい福祉室生活基盤推進課 指定・指導グループ

ここまで本文です。