【再掲載】PM2.5の注意喚起について

更新日:平成26年2月26日

PM2.5の注意喚起について

 気象条件によっては、大阪でも PM2.5 の濃度が高くなることがあり、11 月から5月は、とくに注意が必要です。

 大阪府は、以下の場合に、PM2.5 が高濃度(1 日平均値 70μg/m3超)になると予測されると判断し、防災情報メール登録者には速やかに防災情報メールでお知らせします。
 また、インターネットで詳細な情報発信を行います。

・早朝に注意喚起が必要になった場合
・黄砂情報が大阪管区気象台から発表された場合

注意喚起を行ったときには
・屋外での長時間の激しい運動や外出をできるだけ減らしましょう。
・屋内でも喚起や窓の開閉に注意しましょう。
・特に、呼吸器系や循環器系疾患のある方、小児、高齢の方は体調に応じて、
 屋外活動や不急の外出を控えるなど、より慎重に行動しましょう。

防災情報メール登録方法
 下のアドレスへ空メール(本文、件名に何も書かれていないメール)を送信してください。
 登録が完了すれば、注意喚起を行った際に、その情報がパソコンや携帯電話に届きます。
 touroku@osaka-bousai.net

【参考】
PM2.5の注意喚起について [PDFファイル/1.15MB]

大気汚染常時監視のページ(外部ページ)
 大阪府内の大気汚染状況について、大気環境常時監視システムを用いて、リアルタイムに測定データを情報提供しています。
 http://taiki.kankyo.pref.osaka.jp/taikikanshi/

このページの作成所属
福祉部 障がい福祉室生活基盤推進課 指定・指導グループ

ここまで本文です。