社会福祉施設等における防火安全体制の徹底について

更新日:平成25年2月18日

社会福祉施設等における防火安全体制の徹底について

去る2月8日、長崎県内の認知症高齢者グループホームにおける火災の発生により4人が死亡、8人が負傷し、また同月10日には新潟県内の障がい者グループホームにおける火災により1人が死亡、5人が負傷するという痛ましい事故が発生したことを受けて、厚生労働省から平成25年2月12日付けで「社会福祉施設等における防火安全対策の徹底について」の通知がありました。(通知は下記※のアドレスに掲載しています。)

貴事業所等におかれては、日頃から防火安全対策には万全を期されていることと存じますが、防火体制及び万一火災が発生した場合の消火・避難・通報体制の確保等について、改めてご確認くださいますようお願いいたします。

 

※(通知)
 平成25年2月12日付け厚生労働省通知「社会福祉施設等における防火安全対策の徹底について」 [PDFファイル/100KB]
 平成25年2月12日付け厚生労働省通知「社会福祉施設等における防火安全対策の徹底について」 [テキストファイル/2KB]

 (別添)
 認知症高齢者グループホーム等に係る防火対策の更なる徹底について [PDFファイル/88KB]
 認知症高齢者グループホーム等に係る防火対策の更なる徹底について [テキストファイル/4KB]

 (参考2)
 平成25年2月11日付け厚生労働省通知「障害者グループホーム・ケアホームにおける防火安全体制の徹底及び点検について」 [PDFファイル/149KB]
 平成25年2月11日付け厚生労働省通知「障害者グループホーム・ケアホームにおける防火安全体制の徹底及び点検について」 [テキストファイル/7KB]

(添付資料 参考1と参考3は介護保険関係のため掲載していません。)

このページの作成所属
福祉部 障がい福祉室生活基盤推進課 指定・指導グループ

ここまで本文です。