陽性者と濃厚接触の可能性がある場合の対応について

更新日:2022年9月28日

濃厚接触者の方の対応の手順について記載しています。 

kannsennnoukousessyokusyadoukyokazokuhairusukujigyousya

・濃厚接触者の方へ [その他のファイル/137KB] [PDFファイル/495KB]

・新型コロナ陽性者と同居している方の対応フロー [その他のファイル/149KB]  [PDFファイル/882KB] 

・ハイリスク施設や保育所・幼稚園・小学校で感染者が発生した場合 [その他のファイル/60KB]  [PDFファイル/329KB] 

 ・事業所等で感染者が発生した場合 [その他のファイル/81KB]  [PDFファイル/1.2MB]

 【濃厚接触者とは】※ここでは濃厚接触の可能性のある方も含む 

 陽性となった方は、発症日2日前の接触(無症状の方は検体採取日の2日前の接触)から療養終了日までは周囲の方に感染させる可能性があります。
 この期間に接触した方のうち、次の範囲に該当する方は濃厚接触者となります。

 1.患者と同居、あるいは長時間(1時間以上)の接触(車内・航空機など)があった人

 2.手で触れることのできる距離(目安として1メートル)で、必要な感染予防策(マスクなど)なしで15分以上話しをした人

【濃厚接触者の方へお願い】

濃厚接触者の方は、新型コロナウイルス感染症患者と最後に接触があった日から5日間経過後(6日目)、待機解除となります。   

健康観察期間中は、ご自身で健康観察をし、リスクの高い場所の利用や会食を避けること、マスクを着用すること等の感染対策を徹底してください。
感染拡大防止にご協力お願いします。

<同居家族の場合>
・同居家族など、生活を共にする者の場合は、患者の発症日(無症状の場合は検体採取日)又は発症後住居内で感染対策(※)を講じた日のいずれか遅い方を0日目として起算してください。
・同居家族の中で、別の家族が発症した場合は、改めてその発症日(別の家族が無症状の場合は検体採取日)を0日目としてください。
・陽性者が診断時点で無症状であり、その後発症した場合は、その発症日を0日目としてください。
・同居家族等の待機期間が終了した後も、陽性となった家族の療養が終了するまでは、引き続き、検温など自身による健康状態の確認や、リスクの高い場所の利用や会食等を避けること、マスクを着用すること等の感染対策を行ってください。 

※日常生活を送る上で可能な範囲での、マスク着用、手洗い・手指消毒の実施、物資等の共用を避ける、消毒等の実施など

健康観察期間と健康観察の仕方について

○健康観察期間の終了日は、患者の感染可能期間内に患者と最後に接触した日(0日)から7日目となります。
  例)患者の感染可能期間内での最終接触日が2月1日の場合、健康観察終了日は2月8日

○1日2回(朝・夕)体温測定をし、ご自身で症状の有無を確認してください。
  発熱、咳、息苦しさ、強い倦怠感などの症状に注意し、発熱や倦怠感などが続く場合は、かかりつけ医や診療・検査医療機関を受診ください。また、受診先をお探しの場合は新型コロナ受診相談センターへご相談ください。

 taikikikann

濃厚接触者の待機期間を短縮するための検査について

tansyuku

・濃厚接触者の待機期間(5日間)を短縮するための検査について [その他のファイル/60KB]  [PDFファイル/961KB] 待機期間短縮の判断については、個別に保健所へ確認する必要はありません。

・検査により待機期間を短縮する場合、抗原定性検査キットはご自身(又は職場)の負担にて購入をお願いします。

・薬局で抗原定性検査キットを購入・使用する際の注意事項について    

自宅での過ごし方・生活上の注意点

〇自宅待機中の5日間経過後(6日目)までは不要不急の外出はできる限り控えてください。通勤や通学もお控えください。やむをえず外出する際は、マスクの着用、手洗い、人との接触は避けてください。また、5日間を経て自宅待機が解除となった後も、陽性者と最後に会った日から7日間は引き続き健康観察を行い、リスクの高い場所の利用や会食等を避けること、マスクを着用すること等の感染対策を徹底してください。

〇公共交通機関を使用しないでください。(不特定多数が利用する電車、バス、タクシー、飛行機など)

○同居者がいる場合は下記の点について注意してください。
 ・同居者同士の接触をできる限り避けてください。
 ・タオルや食器等の共用は避けてください。
 ・咳エチケット、石けんと流水での手洗い、手指のアルコール消毒を心がけてください。
 ・手を触れる共用部分(例えば、ドアノブ、電気のスイッチ、トイレの便座やレバーなど)は、濃度70〜95%のアルコール又は0.05%次亜塩素酸ナトリウムの消毒液で、拭き取り消毒を行ってください。
 ・鼻をかんだティッシュや使用した使い捨てマスクは、すぐにビニール袋に入れ、密封して廃棄してください。

このページの作成所属
健康医療部 保健医療室感染症対策企画課 個別事象対応グループ

ここまで本文です。


ホーム > 健康・医療 > 医療・医療費 > 大阪府感染症対策情報 > 陽性者と濃厚接触の可能性がある場合の対応について