医療機関等への支援メニューについて(令和4年度)

更新日:2022年12月5日

新着情報

◆令和4年11月21日 NEW!
 「コロナ感染妊婦分娩支援協力金」について掲載しました。

医療機関向け 実施中のアンケートについて

医療機関の皆さまへ実施中のアンケートは下記のとおりです。

(1)高齢者施設等への往診による中和抗体薬等の処方の可否調査について(外部サイト)
 新型コロナウイルス感染症の感染急拡大に伴い、高齢者施設等での多数のクラスターが発生している状況です。
 そこで、日々、自宅療養者等へ往診を行っていただいている医療機関の皆様には、
 高齢者施設等への往診による中和抗体薬、経口抗ウイルス薬の処方の可否についてご回答をお願いします。

(2) 新型コロナウイルス感染症患者(自宅療養者)への支援等の強化に関する協力依頼(外部サイト)
 感染が急拡大している状況を踏まえ、自宅療養者が安心して療養できる体制を構築できるよう、調査にご協力いただきますようお願い申し上げます。

医療機関・医療従事者のための支援メニュー(令和4年度)

 新型コロナウイルス感染症への対応として緊急に必要となる感染拡大防止や医療提供体制の整備等について、地域の実情に応じて、柔軟かつ機動的に実施することができるよう、医療機関が取り組む体制整備に対し包括的に国庫や府費を財源とした支援を行います。

 事業概要一覧⇒ こちら [PDFファイル/941KB]

  👇ご覧になりたい情報をクリックしてください👇

 

オミクロン株の感染急拡大による医療非常事態宣言期間における緊急支援事業

(1)入院患者の宿泊療養施設等への早期転送協力金事業 ※受付終了

  • 軽症・中等症病床において、抗体治療等による治療を実施した患者を早期に宿泊療養施設等へ転送を行う医療機関対して協力金を支給します。
  • 事業詳細はこちら

(2)退院基準到達者を受け入れる医療機関に対する協力金事業 ※受付終了

  • 退院基準を満たしているものの引き続き入院継続が必要な患者を受け入れる医療機関に対して協力金を支給します。
  • 事業詳細はこちら

(3)確保病床数を上回る患者をの受け入れる医療機関に対する協力金事業 ※受付終了

  • 休止病床を活用し、確保計画に定める確保病床数を上回る患者を受け入れる医療機関に対して協力金を支給します。
  • 事業詳細はこちら

(4)高齢者施設等における重症化予防に対する協力金事業

  • クラスターが発生した高齢者施設等に対し、往診により抗体治療等を実施する医療機関に対して協力金を支給します。
  • 事業詳細はこちら

(5)高齢者施設等への重点往診協力金事業

  • クラスターが発生した高齢者施設等に対し、往診等を実施する重点往診チームに対して協力金を支給します。
  • 事業詳細はこちら

(6)高齢者入所施設における治療体制確立協力金事業

  • 連携施設に対し、往診又はオンライン診療により抗体治療等を実施する協力医療機関に対して協力金を支給します。
  • 事業詳細はこちら

新型コロナウイルス感染症患者受入医療機関等への補助事業一覧

 👇ご覧になりたい情報をクリックしてください👇

  

【目次】 👇ご覧になりたい情報をクリックしてください👇
 1.病床確保に関する補助
 2.設備整備に関する補助
 3.人的支援に関する補助
 4.診療継続・再開に関する補助
 5.病床ひっ迫改善に関する補助  
 6.物的支援に関する補助
 7.宿泊施設等借上げに関する補助
 8.助け合い基金による医療従事者支援
 9.院内感染対策の支援
 10.診療型宿泊療養施設の公募                                                                                                                                        

1. 病床確保に関する補助

  • 府の要請に基づき、新型コロナウイルス感染症患者等の入院病床を確保する医療機関に対し、補助を行います。
  • 事業詳細はこちら

2. 設備整備等に関する補助 

  • 医療体制の強化を図るため、医療機関等において新たに必要となった施設・設備費用に対し、補助を行います。
  • 一部の事業については、対象となる医療機関へ個別にご案内しています。

(1)新型コロナウイルス感染症重点医療機関等設備整備事業補助金 ※受付終了

(2)新型コロナウイルス感染症患者等入院医療機関設備整備事業補助金 ※受付終了

(3)新型コロナウイルス感染症帰国者・接触者外来等設備整備事業補助金 ※受付終了 

(4)新型コロナウイルス感染症類似症状患者受入れのための救急・周産期・小児医療体制確保事業補助金 ※受付終了

(5)新型コロナウイルス感染症診療・検査医療機関検査機器整備費補助金

(6)新型コロナウイルス感染症の外国人患者受入れのための設備整備事業補助金 ※受付終了

  • 本事業に関するお問い合わせ先 : 保健医療企画課 企画調整グループ 06-6944-6027

(7)新型コロナウイルス感染症患者等入院医療機関における外国人患者の受入れ体制確保事業 ※受付終了

  • 本事業に関するお問い合わせ先 : 保健医療企画課 企画調整グループ 06-6944-6027

3. 人的支援に関する補助

(1)医療従事者等を派遣する医療機関を対象とした補助事業

  • 患者受入のため、病院等において新たに必要となった医師・看護師・臨床工学技士等の確保に対し、支援を行います。
  • 事業詳細はこちら

(2)医療従事者の確保支援

  • 医療人材サービスを提供するMRT株式会社と求人情報サイトの無償利用等に関する連携協定を締結し、医療機関と医療人材のマッチングを支援します。
  • 事業詳細はこちら

  <参考>国開設の求人情報サイトがございます。詳しくは、下記ホームページをご覧ください。
      医師・看護師・医療人材の求人情報サイト「医療のお仕事 key-netについて」(外部サイト)

(3)特殊勤務手当の支給補助

  • 新型コロナウイルス感染症入院患者を受け入れる医療機関で、感染症入院患者に直接接する治療等を行う医療従事者への特殊勤務手当の支給に対し、補助を行います。
  • 事業詳細はこちら

(4)医師のスキルアップ支援

  • 新型コロナウイルス感染症患者への治療経験が少ない医療機関を支援するため、「大阪府新型コロナサポートチーム」を設置
  • お問い合わせ先 : 感染症対策支援課 入院・療養支援グループ 06-4397-3543

(5)看護師等処遇改善事業

  • 地域でコロナ医療など一定の役割を担う医療機関に勤務する看護職員等の賃金改善を行うために必要な費用に対し、補助を行います。
  • 事業詳細は準備中
  • お問い合わせ先 : 医療対策課 医療人材確保グループ 06-6944-7542

4. 診療の継続・再開に関する補助

  • 新型コロナウイルス感染により休業・診療縮小を余儀なくされた医療機関・薬局に対して、継続・再開のための補助を行います。
  • 事業詳細はこちら

5. 病床ひっ迫改善に関する支援

(1)透析治療に対応できる医療機関に対する支援

  • 透析治療を必要とするコロナ患者であって、他の医療機関で透析治療を受けている患者を受け入れた医療機関に対して補助金を支給します。
  • 事業詳細はこちら

(2)自宅療養者への往診等を行った医療機関等に対する支援

  • 自宅等で療養しているコロナ患者へ往診等を行った医療機関等に対して協力金を支給します。
  • 事業詳細はこちら

(3)自宅療養者等に対する往診チーム体制支援事業

  • 自宅療養者への平日・日中等における往診、健康観察、相談を複数の診療所で構成されるチームで行う場合、体制確保に係る経費に対して補助金を支給します。
  • 事業詳細はこちら

(4)抗体治療外来診療病院に対する補助 ※受付終了

  • 患者への中和抗体治療を行うにあたり、投薬後の患者の急変時に備え、外来診療時間外に健康管理を行う医師のオンコール体制を確保等するため等に要する経費に対して補助を行います。
  • 事業詳細はこちら

(5)宿泊療養施設連携型病院への協力金事業 ※受付終了

  • 宿泊療養施設にて症状が悪化した際に、「宿泊療養施設連携型病院」として患者を搬送し受け入れる医療機関に対して、協力金を支給します。
  • 事業詳細はこちら

(6)空間的な隔離等により透析治療・周産期・小児医療を実施する外来診療体制の整備

  • 外来で新型コロナ患者等への治療を実施できる体制整備に対して、補助を行います。
  • 事業詳細はこちら

(7)一時待機場所を設置する市町村及び協力医療機関への支援

  • 酸素投与を行う患者の一時待機場所である、入院待機ステーションを設置する市町村及び協力医療機関への補助を行います。
  • 事業詳細はこちら

(8)高齢者リハビリ・ケア病床体制確保に対する支援

  • 要介護高齢患者の受入促進や入院期間の短縮化を図るため、リハビリ対応や中等度以上の介護的ケアが可能な体制を整備する受入医療機関に対して、協力金を支給します。
  • 事業詳細はこちら

(9)コロナ感染妊婦の分娩を取り扱った医療機関に対する支援

  • コロナ感染妊婦の受入体制を強化し、受入病床のひっ迫の予防を図るため、コロナ感染妊婦の分娩を取り扱った医療機関に対して、協力金を支給します。
  • 事業詳細はこちら

6. 物的支援に関する補助

  • 個人防護具等については、院内感染を防止する観点から、使用する従事者がその扱いに慣れ、安定した品質や形状であることが求められますので、各医療機関での調達をお願いします。
  • 供給制限や価格高騰などにより入手が困難な関係医療機関には、引き続き支援します。
  • 個人防具等の供給状況についてはこちら

7. 宿泊施設等の借上げに関する補助

  • 新型コロナウイルス感染症入院患者等を受け入れる医療機関が、感染症入院患者対応のため深夜勤務となる医療従事者に対し確保する宿泊施設及び住居の借上げにかかる費用への補助を行います。 
  • 事業詳細はこちら

8. 助け合い基金による医療従事者支援

  • 「新型コロナウイルス助け合い基金」から、新型コロナウイルス感染症に関する医療及び療養に係る業務に直接従事される方へ支援金を贈呈します。
  • 事業詳細はこちら
                                                      

. 院内感染対策の支援

  • 院内感染の防止のために必要な場合は、専門家による指導・研修等の支援を調整します。
  • ◆詳細に関するお問合せ先◆
     院内感染発生時及び院内感染防止対策については、各医療機関の管轄保健所へご相談ください。
    各保健所連絡先はこちら
     (府庁内担当:感染症対策企画課個別事象対応グループ:06-4397-3249)

10. 「診療型宿泊療養施設」における医療提供実施機関(実施提案)の公募

  • 宿泊療養施設に設ける診療スペースにおいて、療養中の新型コロナウイルス感染症患者に対し診療を行う「診療型宿泊療養施設」を開設するにあたり、当該施設の中で診療を行う事業者及び運営手法を公募します。
  • 事業詳細はこちら

クラスター発生医療機関への支援

1.クラスター発生医療機関における空床や休止病床にかかる補助

  • クラスター発生医療機関における空床や休止病床について、重点医療機関としての病床確保に係る経費を補助します。
  • 事業詳細はこちら

2.クラスター発生時の消毒等に係る経費に対する補助

  • 新型コロナウイルス感染症患者等入院病床確保緊急支援事業費補助金(消毒経費分)
  • 事業詳細はこちら
  • 新型コロナウイルス感染症に伴う休業等に対する継続・再開支援事業補助金
  • 事業詳細はこちら

3.クラスター発生医療機関における医療従事者のための宿泊施設及び住居の借上げ費用の補助

  • クラスター発生医療機関において、感染症入院患者対応のため深夜勤務となる医療従事者に対し確保する宿泊施設及び住居の借上げ費用を補助します。
  • 事業詳細はこちら

診療・検査医療機関への支援

  • 発熱患者等の診療、又は、検査可能な医療機関として指定さ れる医療機関に対する支援を行います。
  • 支援に関する詳細はこちら 

国直轄事業による支援

1. 医療資格者の労災給付の上乗せ支援

2.医療従事者支援に向けた受入病院に対する支援

その他の情報

1. お問合せ先(総合窓口)

 ◆ 感染症対策支援課 支援企画グループ
 ◆  電話番号:06−4397−3243   
 ◆  メールアドレス:
coronataisaku01@gbox.pref.osaka.lg.jp

2. 注意喚起 

新型コロナウイルス感染症緊急包括支援交付金等により支援を実施しておりますが、各種交付金等について、新型コロナウイルス感染症の拡大に便乗した不審な勧誘等が一部で報告されています。ご注意ください。
 
・給付金、補助金、助成金等の詐欺にご注意ください。
 ※「新規資金提供」、「無償提供資金」、「産業支援資金」、「助成金(返済不要)」等の名目で勧誘する手口が報告されています。

・給付金、補助金、助成金等の受給に関して、厚生労働省や大阪府が現金自動預払機(ATM)の操作をお願いすることは絶対にありません。

・医療機関に対する国の支援策において、手数料を求めることはありません。

 

このページの作成所属
健康医療部 保健医療室感染症対策支援課 支援企画グループ

ここまで本文です。


ホーム > 健康・医療 > 医療・医療費 > 大阪府新型コロナウイルス対策本部 > 医療機関等への支援メニューについて(令和4年度)