虫の相談

更新日:平成29年6月26日

虫の相談

池田保健所に相談のあった虫のいくつかを紹介します。

 

ケナガコナダニの画像 

名称

ケナガコナダニ

人体への影響

なし(ツメダニの発生原因になることがある)

体長

0.3mm程度

発生時期

夏季に多い

発生場所

湿気が多く結露が見られる室内や貯蔵食品

駆除方法

結露を除き、風通しを良くしましょう。扇風機も良いかもしれません。また、掃除をしましょう。ダニを物理的に除去し、死骸や糞も除去しましょう。

 セグロアシナガバチの画像

名称

セグロアシナガバチ

人体への影響

刺された場合にアレルギー体質の人は注意が必要

体長

26mm程度

発生時期

夏季に多い

発生場所

軒下や岩陰

駆除方法

一般にアシナガバチの攻撃性は強くありません。ただし蜂毒にアレルギー体質の人が駆除するのは危険です。駆除が必要な場合は業者に頼みましょう。個人で駆除する場合は夜まで待ちましょう。暗くなると蜂の動きが鈍くなります。遠くから噴射できる蜂用の殺虫剤を使用しましょう。

 タカラダニの画像

名称

タカラダニ

人体への影響

なし

体長

2mm程度

発生時期

4月から6月頃まで

発生場所

日当たりのいい屋外

駆除方法

大量発生するため薬剤での駆除は困難です。水で洗い流しましょう。梅雨の時期には自然にいなくなります。

 ネコノミの画像

名称

ネコノミ

人体への影響

吸血。咬まれた場合は病院に行きましょう。傷が長期に残る可能性があります。

体長

2mm程度

発生時期

夏季に多い

発生場所

成虫は猫に寄生し、卵や幼虫はほこりの中やじゅうたんの下で生育

駆除方法

発生源が分かれば、その場所のごみを清掃し、雑草を取り除いてください。
残留性のあるノミ用の薬剤を散布しましょう。
ペットが発生源の場合はペットショップや獣医に相談しましょう。

 ノコギリヒラタムシの画像

名称

ノコギリヒラタムシ

人体への影響

なし

体長

2mm程度

発生時期

夏季に多い

発生場所

食べこぼしや溜まったごみの中

駆除方法

掃除機を使い、物理的に除去しましょう。

アズキゾウムシの画像 

名称

アズキゾウムシ

人体への影響

なし

体長

2mm程度

発生時期

通年

発生場所

室内

駆除方法

発生源(主に貯蔵アズキ)を探し処分しましょう。

 

 問合わせ 大阪府池田保健所 衛生課 電話072-751-2990

このページの作成所属
健康医療部 池田保健所 衛生課

ここまで本文です。