新型コロナウイルス感染症の影響を受ける農業者への支援

更新日:令和2年10月28日

高収益作物次期作支援交付金の運用見直しについて

 農林水産省では、令和2年10月12日付けで高収益作物次期作支援交付金の運用を見直しました。
 申請済みの方、これから申請を検討されている方も必ず内容をご確認ください。

運用見直しのポイント(最新の情報は下記のホームページでご確認ください)

1 交付対象面積の変更(※)

  次期作の全作付面積 ⇒ 売上げが減少した品目の作付面積

2 交付額の上限設定(※)

  各農業者の減収額の超えない範囲で交付金をお支払い

 (※)5万円/10a、80万円/10a、25万円/10aの取組についての運用見直しです。

3 厳選出荷の取組日数の上限設定

  作業従事者1人につき90日まで

 詳細は下記ホームページをご参照ください。

〇農林水産省ホームページ
  
https://www.maff.go.jp/j/seisan/ryutu/engei/jikisaku.html(外部サイト)

新型コロナウイルス感染症の影響を受ける農業者への支援

  本府では、新型コロナウイルス感染症による緊急事態宣言が出されたことから、不要不急の外出の自粛等を求めています。
 
このような中、北部地域の農業者は、イベント自粛等による花き需要の低迷や観光農園等の休業、学校給食への出荷停止などによる大きな影響を受けています。
 
そこで、このような農業者を支援するために大阪府では支援サイトを立ち上げました。新型コロナウイルスの予防対策、感染症発生時の対応や国の支援策、影響を受けている農業者の応援・販売につながる情報等についてとりまとめていますのでぜひご活用ください。

新型コロナウイルス感染症の影響を受ける農業生産者への支援サイト

北部地域の生産者情報 

このページの作成所属
環境農林水産部 北部農と緑の総合事務所 農の普及課

ここまで本文です。