「令和6年度 大阪府20世紀美術コレクション魅力発信事業」に係る最優秀提案事業者の選定結果について

代表連絡先 府民文化部  文化・スポーツ室文化課  文化創造グループ
ダイヤルイン番号:06-6210-9305
メールアドレス:bunka@sbox.pref.osaka.lg.jp

提供日

2024年5月14日

提供時間

14時0分

内容

 大阪府では、「令和6年度 大阪府20世紀美術コレクション魅力発信事業」に係る委託事業者について、公募型プロポーザル方式により募集を行い、選定委員会による審査を経て、以下のとおり最優秀提案事業者(契約候補者)を決定しましたので、お知らせします。

1.業務名
  「令和6年度 大阪府20世紀美術コレクション魅力発信事業」

2.最優秀提案事業者
  事業者名:ナカシャクリエイテブ株式会社 大阪営業所
  評価点:78.1点(うち価格点4.4点)
  提案金額(税込):19,178,000円

3.審査結果の概要
  (1)提案事業者 全6者(申込順)
     ・クラスター×Rabee共同企業体
     ・株式会社イングラムジャパン    
     ・株式会社USEYA
     ・ナカシャクリエイテブ株式会社 大阪営業所
     ・トンガルマン株式会社 株式会社日本旅行 株式会社Urth 共同企業体
     ・株式会社ヴァリアス・ディメンションズ

    
  (2)提案事業者の評価点(得点順)
     ・評価点78.1点(うち価格点4.4点、提案金額19,178,000円)
     ・評価点75.4点(うち価格点4.4点、提案金額19,178,000円)
     ・評価点70.7点(うち価格点4.4点、提案金額19,000,000円)
     ・評価点70.4点(うち価格点4.4点、提案金額19,128,725円)
     ・評価点58.4点(うち価格点4.4点、提案金額19,178,000円)
     ・評価点56.0点(うち価格点5.0点、提案金額16,730,000円)

    
4.最優秀提案事業者の選定理由(講評ポイント等)
 ・本事業の趣旨・目的をよく理解したうえで、新たなバーチャル展示について、テーマやその内容が具体的に提案されており、「大阪府20世紀美術コレクション」のさらなる魅力発信の実現が期待できる。
 ・「大阪バーチャル美術館(enoco+)」について、現状の課題をよく分析した、実現性のある機能強化の提案がなされている。また、美術作品を取り扱うデジタルコンテンツの制作について、豊富な実績を有している。
 ・事業の実施にあたっては、万博の機運醸成や大阪の魅力発信に一層の工夫を凝らし、国内外の幅広い世代や現代美術に馴染みのない人々も興味を惹く情報発信を行えるよう、大阪府と十分協議しながら取り組まれたい。


5.事業者選定委員会委員(50音順、敬称略)

氏名(所属)選任理由
川合 和史
(大阪デジタルコンテンツビジネス創出協議会 事務局長)

デジタルコンテンツに精通しており、提案内容がデジタルコンテンツとして、現代美術の魅力発信に、効果的な機能を有した構成やデザインとなっているかを審査いただくため

澤田 裕和
(松田・澤田法律事務所 大阪弁護士会 弁護士)

法律の専門家であり、情報保護やコンプライアンス、及び公正性・公平性の観点から審査いただくため

土屋 隆英
(京都市京セラ美術館 事業企画推進室 展覧会プログラムディレクター)
京都市京セラ美術館において、現代美術を中心とした展覧会の企画・運営に携わっていることから、提案内容が美術作品の魅力を効果的に発信できるものであるかを審査いただくため

関連ホームページ

「令和6年度 大阪府20世紀美術コレクション魅力発信事業」に係る企画提案公募について

資料提供ID

51140

ここまで本文です。