エイチ・ツー・オー リテイリング株式会社と連携し、消費者向け食品ロス削減実証事業を実施します!

デイリーカナートイズミヤ花園店で従業員・大学生と共に考えた食品ロス削減手法を実施します!

代表連絡先 環境農林水産部  流通対策室  総務・企画グループ
ダイヤルイン番号:06-6210-9607
メールアドレス:ryutsutaisaku-g02@gbox.pref.osaka.lg.jp

提供日

2022年10月25日

提供時間

14時0分

内容

大阪府では、令和3年3月に「大阪府食品ロス削減推進計画」を策定し、「もったいないやん!食の都大阪でおいしく食べきろう」をスローガンに、事業者や市町村等と連携し、食品製造から流通、販売の各段階で発生する食品ロスの削減に向けた取組みを推進しています。
 この度、大阪府と包括連携協定を締結しているエイチ・ツー・オー リテイリング株式会社にご協力いただき、デイリーカナートイズミヤ花園店で、従業員と食品ロスを学ぶ管理栄養士養成大学などの大学生(※)が、一緒に考えた食品ロス削減手法を実証しますのでお知らせします。
 また期間中に、実施店舗内では有志学生による店内啓発イベントを開催しますので、ぜひお越しください。


<協力企業>

 エイチ・ツー・オー リテイリング株式会社


<実施店舗>

 デイリーカナートイズミヤ花園店(大阪市西成区花園南1丁目2番4号)

  イズミヤ花園店

1.店舗実証について

 店舗から発生する食品ロスに対する効果的な削減手法の検討と、店舗内での啓発による消費者の行動変容の効果等を検証します。


(1)実施期間

令和4年10月27日(木曜日)から概ね1か月程度

(2)実証手法・実証手法は、店内見学やワークショップに参加した大学生のアイデアを元に、実際に働く従業員や幅広い関係者と共に決定しました。

削減手法

概要

コトPOPによる家庭向け食品ロス削減方法の啓発

食品が長持ちする保存方法や調理方法など、家庭で購入後に実践できるワンポイントアドバイスを添えたコトPOPを店内に掲示します。

コトPOP

店舗での食品ロス予備軍の効果的な販売方法

店舗での食品ロスの発生を防止するため、食品ロス予備軍となった食品を集めたコーナーを設置し、消費者が購入したくなるような情報発信と併せて販売します。


・今後、食品ロスの削減効果や消費者の行動変容の調査結果をもとに、準備から実施までのプロセスを記録した事業者向けの手順書を公表します。


2.食品ロス削減啓発イベントについて

・日時:令和4年10月29日(土曜日)
・内容:学生が考案したコトPOPの紹介や、ブロッコリーの茎など捨てられがちな部分もまるごと活用した「栄養面も考えた食べきりレシピ」の配布など


(※)参加大学生
・「もったいないやん!食の都大阪でおいしく食べきろう」学生プロジェクト参加大学(50音順)
  大阪公立大学、大阪樟蔭女子大学、大手前大学、関西福祉科学大学、摂南大学、千里金蘭大学、相愛大学、梅花女子大学 の学生

・立命館大学学生団体「BohNo」の学生



※国連では、2030年までの国際目標として「持続可能な開発目標(SDGs)」が2015年9月に策定されました。
「大阪府食品ロス削減推進計画」は、SDGsに掲げる17の目標のうち以下のゴールの達成に寄与するものです。
SDGsマーク
大阪府は「SDGs未来都市」として、SDGsの推進を図ってまいります。

関連ホームページ

小売店舗における消費者向け食品ロス削減実証事業について

 

「もったいないやん!食の都大阪でおいしく食べきろう」学生プロジェクト

 

エイチ・ツー・オー リテイリング株式会社 ニュースリリース

資料提供ID

45980

ここまで本文です。