柔道整復施術療養費の受領委任の取扱いの中止相当について

代表連絡先 健康医療部  健康推進室国民健康保険課  医療指導グループ
ダイヤルイン番号:06-6944-6660
メールアドレス:kokuho-g07@gbox.pref.osaka.lg.jp

提供日

2022年9月29日

提供時間

14時0分

内容

 近畿厚生局と大阪府は、柔道整復施術療養費(以下「療養費」という。)の請求内容に不正が疑われた柔道整復師に対して、重ねて監査への出席を求めたにもかかわらず、正当な理由なく監査への出席を拒否したため、下記のとおり同柔道整復師を、療養費の「受領委任の取扱いの中止相当」の措置とすることとしましたので、お知らせします。

                             

1 「受領委任の取扱いの中止相当」となる柔道整復師

 氏名                  森 大介(モリ ダイスケ)(44歳)

 施術所名             森整骨院

 施術所所在地      貝塚市石才183

 (施術所開設者も同一人物)

 ※ 当該柔道整復師は、令和2年6月30日付けで受領委任の取扱いを辞退していることから中止相当としている。

 
2 「受領委任の取扱いの中止相当」の措置とした年月日

 令和4年9月29日(当該柔道整復師は、以後、原則5年間は療養費の受領委任の取扱いができない。)

 
3 措置の根拠

 「柔道整復師の施術に係る療養費について」 (平成22年5月24日付け保発0524第2号厚生労働省保険局長通知 最終改正:令和4年5月27日付け保発0527第2号厚生労働省保険局長通知) 

 
4 監査を行うに至った経緯

 健康保険組合から、当組合所属の事業所の従業員6名について、上記柔道整復師が実際には施術を行っていないにもかかわらず、当該6名に係る健康保険被保険者証の写しを用い、あたかも適切に施術を行ったように装って、療養費を不正に請求しているとの情報提供があったことから、当該柔道整復師に対して監査を実施することとした。

 
5 「受領委任の取扱いの中止相当」の措置に至った主な事由

 施術を行っていないにもかかわらず、施術を行ったものとして、療養費を不正に請求していた事実が疑われたことから、上記柔道整復師に対し重ねて監査への出席を求めたにもかかわらず、正当な理由なく監査への出席を拒否した。  

          
【参考】 

 (1) 「柔道整復施術療養費の受領委任の取扱い」とは 

   ・施術を受けた患者は、施術に要した費用のうち一部負担金のみを柔道整復師に支払い、残りの費用は、患者から療養費の受領の委任を受けた柔道整復師が保険者に請求する取扱いのことです。
   ・受領委任の取扱いの中止措置を受けた柔道整復師は、原則として中止後5年間は受領委任の取扱いができません。
   ・受領委任の取扱いの中止措置を受けた柔道整復師が施術管理者となっていた施術所の開設者に対しては、原則として中止後5年間は新規の受領委任を承諾、登録しません。 

 (2)「受領委任の取扱いの中止相当」とは

    ・本来中止措置とすべきであるが、当該柔道整復師が既に受領委任の取扱いを辞退しており中止ができない場合に、中止となった場合と同等の措置(原則として5年間は受領委任の取扱いを認めない)を行うものです。

資料提供ID

45768

ここまで本文です。