うめきた2期におけるイノベーション支援の役割を担う中核機能運営法人の設立について

2024年夏頃の先行まちびらきに向け、準備を加速

代表連絡先 大阪都市計画局  拠点開発室広域拠点開発課  北エリアグループ
ダイヤルイン番号:06-6210-9327
メールアドレス:kyotenkaihatsu@sbox.pref.osaka.lg.jp

提供日

2022年9月29日

提供時間

14時0分

内容

 大阪府、大阪市、三菱地所株式会社を代表企業とするうめきた2期開発事業者JV9社(以下、「事業者JV」という。)、公益社団法人関西経済連合会及び大阪商工会議所は、うめきた2期のまちづくりの目標である『「みどり」と「イノベーション」の融合拠点』の実現に向けて、連携して取り組んでいます。

 今般、まちの中核機能である新産業創出の実現に向けて、事業者JVにおいて、イノベーション支援の役割を担う「中核機能」の運営法人として「一般社団法人うめきた未来イノベーション機構(以下、「U-FINO」という。)」及び「一般社団法人コ・クリエーションジェネレーター(以下、「CCG」)という。」が設立されましたので、お知らせします。

 U-FINOは、「うめきた2期みどりとイノベーションの融合拠点形成推進協議会(※)」において約5年間活動してきた知見を活かし、大阪府、大阪市、公益社団法人関西経済連合会及び大阪商工会議所も参画し、開発事業者、行政、経済界が官民一体で、新技術を持つ研究者や事業者などの多様な人材を繋げ、プロジェクト創出などをコーディネートする世話役となる組織であり、代表理事には、元大和総研特別研究員でJETROサンフランシスコ事務所長などを歴任した中沢則夫が就任しました。
 また、CCGは事業者JVにて設立したイノベーション支援施設の管理・運営を行う組織です。
 U-FINOとCCGは相互に連携し合い、2024年夏頃の一部先行まちびらきに向け、中核機能を実現するための検討と準備活動を行います。

 (※)構成団体:大阪府、大阪市、公益社団法人関西経済連合会、大阪商工会議所、独立行政法人都市再生機構、一般財団法人大阪科学技術センター、事業者JV

※両法人の名称、事業内容、検討経過については、添付資料をご参照ください。

関連ホームページ

本プロジェクトウェブサイト

 

大阪市ホームページ

添付資料

うめきた2期 中核機関の設立について(詳細) (Pdfファイル、494KB)

 

うめきた2期 中核機関の設立について(詳細) (Wordファイル、92KB)

資料提供ID

45719

ここまで本文です。