府立高校が作成したウェブフォームでの個人情報の流出について

代表連絡先 教育庁  教育振興室高等学校課  学事グループ
ダイヤルイン番号:06-6944-6887
メールアドレス:kotogakko-g01@sbox.pref.osaka.lg.jp

提供日

2022年8月15日

提供時間

14時0分

内容

 府立高津高等学校において、生徒・保護者に対しウェブフォームを用いたアンケートを行った際、回答後の画面で「前の回答を表示」というボタンを押した場合に、当該アンケートにすでに回答をしていた生徒及び保護者の個人情報を含む回答結果の一覧を、生徒・保護者が閲覧できる状態にあったという事案が発生いたしました。
 このような事態を招きましたことをお詫びいたしますとともに、今後、再発防止に取り組んでまいります。

1 流出した個人情報の内容(1年生363名中240名分)
生徒の組、出席番号、名前、住所、自宅電話番号、携帯電話番号
保護者の名前、続柄、緊急連絡先、住所

2 事案の経過
令和4年6月23日(木曜日)
・「校務処理システム(※)」に必要なデータを収集するため、本校1年生の生徒・保護者に対し、各クラスの担任から6月23日(木曜日)から7月20日(水曜日)までの間に、ウェブフォームを用いたアンケートに回答するよう依頼した。
(※)生徒情報の管理、生徒の出欠管理及び成績処理等の校務処理を行う全府立高校共通のシステム

令和4年7月20日(水曜日)
・保護者から教員Aに、アンケート回答終了時に表示される「前の回答を表示」を押すと、既に入力された他の生徒・保護者の情報が表示されるとの指摘があった。
・教員Aが教頭に報告し、教頭がアンケートの作成者である教員Bに確認したところ、保護者の指摘どおり、回答結果の一覧が閲覧できる状態になっていた。
・教員Bが回答結果の一覧を閲覧できないように設定を変更したが、すでに363名中240名が回答済みであった。
・教頭が校長に本事案について報告した。

令和4年7月21日(木曜日)
・校長が府教育庁に経緯を報告した。

令和4年7月22日(金曜日)から29日(金曜日)
・緊急の職員集会を開き、校長から全教職員に事案を共有したうえで、今後の対応を指示した。
・1年生の担任が、対面または電話で、240名の生徒と保護者に対して経緯の説明と謝罪を行い、了承を得た。
・全学年の生徒・保護者に対して、報告とお詫びの文書を送付した。

3 流出の原因
・フォームの作成に関わった教員の間で、ウェブフォームのアンケートの設定において、「結果の概要を表示する」をオフにしなければならないということが認識されていなかった。
・複数名の教員でアンケート入力時の動作確認をしたが、回答完了後の動作確認を行っていなかった。

4 再発防止策
・当該校において、ウェブフォームを利用する際は、複数名で入力時から回答完了後までの動作確認を行う。また、本事案を共有し、個人情報の取扱いについて、改めて職員研修を行い、管理の徹底を図る。
・教育庁においてウェブフォームで個人情報を収集する際のチェックリストを作成し、全府立学校に共有するとともに、個人情報の取扱いについて、改めて注意喚起を行う。

資料提供ID

45341

ここまで本文です。