令和4年度ライフサイエンススタートアップ・エコシステム構築推進事業の最優秀提案事業者が決定しました。

代表連絡先 商工労働部  成長産業振興室ライフサイエンス産業課  推進グループ
ダイヤルイン番号:06-6115-8100
メールアドレス:life-science@sbox.pref.osaka.lg.jp

提供日

2022年7月27日

提供時間

14時0分

内容

  大阪府では、ライフサイエンス分野におけるスタートアップ・ベンチャーの起業及び成長を促進するため、「彩都」、「健都」、「中之島」の3拠点をはじめ、府域の産学官が連携したエコシステムの構築に向けたアクションプランを作成する「ライフサイエンススタートアップ・エコシステム構築推進事業」について、公募型プロポーザル方式による提案募集を行い、以下のとおり最優秀提案事業者を決定しましたのでお知らせします。


1 最優秀提案事業者

  有限責任監査法人トーマツ 大阪事務所

  評価点(100点満点):71.3点(うち企画提案部分53点、価格提案部分点18.3点) 
  提案金額(税込)  :5,610,000円

2 選定結果の概要

(1)提案事業者 全2者(受付順)

  有限責任監査法人トーマツ 大阪事務所
  株式会社シード・プランニング
   ※提案事業者が2者のため、次点者の評価点及び提案金額は公表しません。


(2)選定した理由

  拠点間連携を深めていく上でのネットワークや、事務局の運営能力という点が優れていた。また、一般的なスタートアップ・エコシステムに関する知識等を豊富に有していた。   

(3)選定委員会委員(五十音順) 

所属・役職

氏名

選任理由

日本公認会計士協会近畿会
公認会計士

坂口 建太

企業会計や経営の専門家としての知見を活かし、審査していただくため。

特定非営利活動法人バイオグリッドセンター関西
理事

坂田 恒昭ライフサイエンス分野に関する知見に基づき、提案の実現性、実効性について審査していただくため。

国立大学法人大阪大学共創機構
渉外部門長

正城 敏博産学官連携、技術シーズの実用化についての経験を活かし、提案の実現性、実効性について審査していただくため。

関連ホームページ

ライフサイエンススタートアップ・エコシステム構築推進事業

資料提供ID

45126

ここまで本文です。