栽培漁業センターで育ったトラフグの稚魚を大阪湾に放流!

大阪湾でのトラフグの漁獲量の回復をめざします

代表連絡先 環境農林水産部  水産課  企画・豊かな海づくり推進グループ
ダイヤルイン番号:06-6210-9612
メールアドレス:suisan@sbox.pref.osaka.lg.jp

提供日

2022年7月1日

提供時間

14時0分

内容

 大阪府では「はまが潤い豊かな恵みをまちに届ける海づくり」を目標に水産関連事業を実施しています。その取組みの一つとして、大阪湾の魚介類資源を増やすために様々な稚魚を育成し、自然の海に順応できる大きさまで成長させて放流する「栽培漁業」を推進しています。
 トラフグは昭和40年頃までは、大阪府沿岸でも天然の個体が多く漁獲されていましたが、現在では年間で100キログラム程度と少なくなっています。瀬戸内海でも天然のトラフグは減少傾向にあり、そのため、国や瀬戸内海沿岸の関係府県が連携して、トラフグを増やす取り組みが行われており、大阪府では平成27年度から、トラフグの稚魚を育成して大阪湾に放流しています。
   このたび、トラフグの稚魚が放流に適した大きさ(サイズ:全長7センチメートル)に成長しましたので、以下のとおり放流します。
 なお、この事業は大阪府が「公益財団法人 大阪府漁業振興基金」に業務委託し実施しているものです。      

1 放流尾数    計約1.6万尾
              
2 放流日時及び放流場所
 
   令和4年7月7日(木曜日)  11時00分から  堺市海とのふれあい広場
    

    令和4年7月8日(金曜日)  11時00分から  大阪北港マリーナ          
                      

     ※放流尾数は、各箇所につき約8,000尾です。
              

3 その他

 中間育成及び放流については、地方独立行政法人 大阪府立環境農林水産総合研究所 水産技術センターが技術指導しています。

torafugu   horyu
       放流するトラフグ稚魚                                                  トラフグの放流風景

資料提供ID

44942

ここまで本文です。