府立港高等学校における進路閲覧室の天井ボード等の落下について

代表連絡先 教育庁  施設財務課  施設管理グループ
ダイヤルイン番号:06-6944-9385
メールアドレス:shisetsukanri@gbox.pref.osaka.lg.jp

提供日

2022年4月19日

提供時間

14時0分

内容

1.府立港高等学校の概要
所在地:大阪市港区波除2−3−1
生徒数:712人
校舎棟建築:昭和61年(築36年)


2.概要
場所:校舎棟1階 進路閲覧室
落下物:天井ボード(石こう製、約185cm×約19cm×約1cm)、モルタルの一部。天井ボードが落下して、大きく3つに分散((1)約80cm×約19cm、(2)約60cm×約19cm、(3)約45cm×約19cm)
重さ:(1)約1.3kg、(2)約1.1kg、(3)約0.5kg(水分は含んでいない)
状況:令和4年4月16日(土曜日)午前11時頃、進路担当教員が校舎棟1階にある進路閲覧室に行ったところ、教室窓際の生徒が資料の閲覧の際に使用する机の上や周辺に天井ボード等が落下・散乱しているのを発見。当該室は、前々日の14日(木曜日)の放課後まで生徒が使用。それ以降は誰も使用していなかったことから、この間に当該事案が発生したものと考えられる。
けが人:なし


3.落下原因
〇建設時に当該教室の天井ボードを取り付けた際、当該ボード平面とモルタルとの接地部分に接着剤をつけて取り付けていた
〇築後36年が経過しており、原因については、現在調査中


4.対応
〇現在、進路閲覧室の立ち入りを禁止
〇当該校舎の1階部分の打診及び目視調査を行い、必要な補修を行う。(校舎の構造上、2階以上はバルコニーが設置されており、1階と同じ仕様となっている箇所はない)

資料提供ID

44358

ここまで本文です。