個人情報が記載された電子メールの誤送信について

代表連絡先 大阪港湾局  大阪港湾局  施設運営担当
ダイヤルイン番号:0725-21-7217
メールアドレス:kowan-shisetsuuneig@gbox.pref.osaka.lg.jp

提供日

2022年3月18日

提供時間

14時0分

内容

 大阪港湾局において、個人情報が記載されたデータを電子メールで第三者に誤送信する事案が発生しました。
 このような事態を招いたことをお詫びいたしますとともに、今後、再発防止に取り組んでまいります。


1 誤送信したデータに記載された個人情報

  個人事業者A(以下「事業者A」という。)の代表者氏名及び普通財産用地賃貸料の納付計画


2 事案の経緯
 〇令和4年2月25日(金曜日)午後7時5分

  ・職員が事業者Aあての電子メールを作成し、送信した。

 〇令和4年3月8日(火曜日)午前11時00分

  ・事業者Bより誤送信(心当たりのない、他人の個人情報を含む電子メールを受信したこと)を指摘する電話があった。その指摘を受け、当該職員が送信した電子メールを確認したところ、誤って事業者Bへ、事業者Aの個人情報が記載されたデータを添付して送信していたことがわかり、直ちに上司に報告した。

 〇同日午後1時00分

  ・事業者Aを訪問し、経緯説明及び謝罪を行い、了承を得るとともに、送信すべき書類を手渡した。   

 〇同日午後1時30分

  ・事業者Bを訪問し、電子メールの誤送信について謝罪するとともに、当該電子メールの削除を依頼し、了承を得た。


3 流出の原因

  電子メールの送信前に、アドレスの入力欄に誤りがないか複数人で確認すべきところ、それを怠った。


4 再発防止策
 ・庁外に電子メールを送信する際のチェックリストを作成し、電子メールの宛先に誤りがないか、また宛先と添付するデータの内容が一致するかを複数人で確認するよう、再度徹底する。
 ・所属内職員に対して、本件事案をeラーニングを通じて周知するとともに、改めて個人情報の取扱いについて万全を期すよう、注意喚起を行う。

資料提供ID

44025

ここまで本文です。