公立大学法人大阪と木材利用促進協定を締結しました

大阪公立大学の森之宮キャンパスにおいて大阪府内産材を利用し木質化を図ります!

代表連絡先 環境農林水産部  みどり推進室森づくり課  森林支援グループ
ダイヤルイン番号:06-6210-9556
メールアドレス:midorikankyo-g10@sbox.pref.osaka.lg.jp

提供日

2022年2月25日

提供時間

14時0分

内容

 本日、大阪府、大阪市は、令和4年4月に開学する大阪公立大学の森之宮キャンパス整備に伴い、建築物での更なる木造・木質化の促進を図るため、「大阪公立大学森之宮キャンパス木材利用促進協定」を締結しましたのでお知らせします。


 この協定により、森之宮キャンパス正面エントランスのピロティ軒天井において、大阪府内産材を中心に木質化を図り、積極的な情報発信を行うなど、関係者が連携することにより木材利用の促進に取り組みます。


【協定の概要】
○協定締結日
  令和4年2月25日(金曜日)
〇協定締結期間
  令和4年2月25日(金曜日)から令和8年3月31日(火曜日)まで
○協定締結先
  公立大学法人大阪
   理事長 西澤 良記
  竹中工務店・安井建築設計事務所グループ 
   代表者 株式会社竹中工務店 取締役社長 佐々木 正人
〇協定の内容
  森之宮キャンパスにおける木材利用に関する構想
  構想を達成するための大阪府・大阪市の支援


a
(※)ウッド・チェンジとは、身の回りのものを木に変える、木を暮らしに取り入れる、建築物を木造・木質化するなど、木の利用を通じて持続可能な社会へチェンジする行動を指します。


 

※国連では、2030年までの国際目標として「持続可能な開発目標(SDGs)」が2015年9月に策定されました。この事業はSDGsに掲げる17のゴールのうち以下のゴールの達成に寄与するものです。
2SDGs15

大阪府では、SDGsの推進を図り、SDGs先進都市をめざします。

添付資料

「大阪公立大学森之宮キャンパス木材利用促進協定」協定書 (Pdfファイル、110KB)

 

「大阪公立大学森之宮キャンパス木材利用促進協定」協定書 (Wordファイル、126KB)

資料提供ID

43478

ここまで本文です。