府立支援学校における学校給食用牛乳の提供について(第2報)

代表連絡先 教育庁  教育振興室保健体育課  保健・給食グループ
ダイヤルイン番号:06-6944-6903
メールアドレス:kyoikushinko-g07@sbox.pref.osaka.lg.jp

提供日

2021年12月23日

提供時間

14時0分

内容

 令和3年12月8日(水曜日)、学校給食において提供した牛乳で、味や匂いに異常があった件につきまして、現在の状況をお知らせいたします。


【府立学校に通う児童生徒等への影響】

〇異常が発見された牛乳を製造している事業者から供給を受けていた府立支援学校は8校。

 このうち、12月8日(水曜日)に味や匂いに異常があるという報告があったのは1校。

 以上、12月8日(水曜日)に報道提供済み。


〇今回、他の1校において以下の報告があった。

・12月8日(水曜日)、児童生徒1名が給食を喫食(牛乳も飲用)し、午後の授業を受けた後の下校前、下校後の自宅等において複数回嘔吐した。

・当該児童生徒は翌日から学校を休み、翌週13日(月曜日)から登校している。

・また、当該学校では、当日に嘔吐の症状が他1名(翌日は登校している)報告されている。

・ただし、現時点で当該牛乳事業者との因果関係は不明。


〇なお、同事業者から供給を受けた他6校では、現在、異常等の報告はない。

【原因について】

〇現在、原因は特定されていませんが、当該牛乳事業者から以下のとおり経過報告がありました。

・本件発生後、牛乳事業者は、大阪市保健所指導のもと原因を調査中。

・回収品のpH値を検査したところ、強アルカリ性が確認された。

・外部機関の分析では、食中毒菌は陰性判定だった。

・強アルカリ性が検出された原因を調査中。


【牛乳の供給体制について】

 本件発生後、異常が発見された牛乳を製造している事業者から供給を受けていた府立支援学校8校については、翌12月9日(木曜日)から当面の間は他の事業者が製造した牛乳の提供を受けている。

資料提供ID

43360

ここまで本文です。