医療的ケア通学支援事業に関するアンケート結果の公表について

代表連絡先 教育庁  教育振興室支援教育課  制度推進グループ
ダイヤルイン番号:06-6941-0618
メールアドレス:kyoikushinko-g05@sbox.pref.osaka.lg.jp

提供日

2021年12月24日

提供時間

14時0分

内容

 医療的ケア通学支援事業に関するアンケートの結果についてお知らせします。


医療的ケア通学支援事業の概要

 通学中に医療的ケアが必要なため、通学バスを利用できない等の理由により通学が困難な児童生徒の学習機会を保障する。


1.調査目的

 利用を希望している保護者の声を丁寧に把握することにより、本事業を更に利用しやすいものとするため。


2.調査対象

 府立支援学校に在籍する本事業の利用を希望しているすべての児童生徒の保護者(180人)


3.調査手法

 府立支援学校を通じ、対象児童生徒の保護者に調査概要や調査回答フォームのQRコード等を記載した資料を配付。各保護者は、ウェブ上または紙媒体のアンケート用紙に回答(回答は任意)。


4.調査期間

 令和3年10月14日(木曜日)から令和3年10月22日(金曜日)


5.調査結果の概要等

 〇調査時点で利用対象ではあるが利用していない児童生徒の保護者120人のうち、50人が回答。

  利用している児童生徒の保護者60人のうち、35人が回答。
 〇制度を利用していない理由について、「コロナ禍や子どもの体調に係る不安」が最多で、「事業者がみつからない」、「制度がわからない・どこに相談すればいいかわからない」が次いだ。
 〇「事業者がみつからない」理由として、最も多いのは「業務に支障が出る(人員確保が困難)」というもので、ここにもコロナ禍の影響が及んでいるとみられる。
 〇制度利用している場合でも、1か所では見つからず、複数事業者に相談しているとの回答が大多数であったが、その60%が、「事業者を探す際に支援してくれた関係機関があるかどうか」について、「ある」と回答。
 〇これらのことから、制度利用に際して、より丁寧な情報提供や相談等の支援を行う関係機関との連携等を強化していく必要があることがわかった。

関連ホームページ

大阪府/医療的ケア通学支援事業について

添付資料

医療的ケア通学支援事業アンケート結果(word版) (Wordファイル、29KB)

 

医療的ケア通学支援事業アンケート結果(PDF版) (Pdfファイル、729KB)

資料提供ID

43346

ここまで本文です。