個人情報(電子メールアドレス)の流出について

代表連絡先 教育庁  教育振興室高等学校課  生徒指導グループ
ダイヤルイン番号:06-6944-3858
メールアドレス:kotogakko-g03@sbox.pref.osaka.lg.jp

提供日

2021年11月29日

提供時間

14時0分

内容

府立三島高等学校(以下「当該校」という。)において、中学生対象の「第2回学校説明会(11月13日(土曜日)開催分)」(以下「説明会」という。)について、体験授業参加者83名へ受付時間に関するメールを送信する際、電子メールアドレス(以下「アドレス」という。)が互いに見える状態で送信するという事案が発生しました。

このような事態を招いたことを深くお詫びいたしますとともに、今後、再発防止に取り組んでまいります。

 

1 流出した情報

・体験授業参加者83名分のアドレス

 

2 事案の経緯

11月9日(火曜日)

・担当教員が体験授業参加者83名へ、説明会の受付時間に関するメールを一斉送信。

・メール送信後、担当教員が、「Bcc」欄に入力すべきアドレスを「宛先」欄に入力して送信していたことに気づき、教頭へ報告。

・その後、教頭が校長へ報告し、校長が府教育庁へ一報を入れた。

 

11月10日(水曜日)

・校長から体験授業参加者が在籍する各中学校長へ、電話にて経緯説明及び謝罪を行った。また、体験授業参加者の保護者全員に対し、教職員より電話にて経緯説明及び謝罪を行った。

 

11月13日(土曜日)

・説明会終了後、校長から体験授業参加者及び保護者に対して、対面にて経緯説明及び謝罪を行った。(なお、83名のうち5名は、電話または対面による経緯説明等が行えなかった。)

 

11月15日(月曜日)から11月17日(水曜日)

・経緯説明等が行えなかった体験授業参加者5名が在籍する各中学校へ校長が訪問し、当該生徒・保護者に対して、経緯説明、謝罪及び受信したメールの削除依頼の内容を記した文書の配付を各中学校長へ依頼。中学校から当該生徒・保護者へ文書を配付していただいた。

 

3 流出の原因

・メールを送信する際に、「Bcc」欄にアドレスを入力すべきところ「宛先」欄に入力した。

・外部の複数名へメールを一斉送信する際は、送信前にアドレスの入力欄を複数人で確認することとしていたが、それを怠った。

 

4 再発防止策

・今後、当該校において、外部にメールを送信する際の個人情報の取扱い及び誤送信の防止に関する操作方法等について、個人情報の適正管理にかかる資料を配付し、全職員に周知徹底する。

・メール送信前に、「Bcc」欄に送信者すべてのアドレスが入力されているかを必ず複数人で確認の上、送信することを徹底する。

・教育庁において、全府立学校に対して、本件事案を周知するとともに、個人情報の取扱いについて万全を期すよう、個人情報の適正管理にかかるルール等の確認を指示する。

資料提供ID

43031

ここまで本文です。