地域未来投資促進法に基づく地域経済牽引事業計画を3件承認

代表連絡先 商工労働部  成長産業振興室国際ビジネス・企業誘致課  誘致推進グループ
ダイヤルイン番号:06-6210-9406
メールアドレス:kokusai-yuchi@gbox.pref.osaka.lg.jp

提供日

2021年11月1日

提供時間

14時0分

内容

 大阪府では、府内市町村における地域経済牽引事業を促進しています。
 このたび、下記の3企業から大阪府知事あて、地域未来投資促進法に基づく地域経済牽引事業計画(※)の承認申請があり、承認しましたのでお知らせします。 

 

(1)大喜工業株式会社(本社:岸和田市臨海町)

・承認日 令和3年8月26日

・実施場所 岸和田市岸之浦町13‐11、12‐2(岸和田市基本計画)

・概要

 新たな塗料を開発するとともに、新塗料での塗装処理条件に適合した塗装ライン設備を備えた専用の工場を新設することにより、地域の事業者とも連携しながら、防錆力を現状より大幅に向上させた建設機械部品の開発・製造に取り組み、付加価値の向上及び地域経済への貢献をめざす。 

 

(2)畑鉄工株式会社(本社:東大阪市高井田中)

・承認日 令和3年9月1日

・実施場所  東大阪市高井田16‐15(東大阪市基本計画)

・概要

 銅加工製品を製造する新工場を設置し、電気自動車用急速充電器及び洋上風力発電等の電力貯蔵システムをはじめとした二次電池向け銅製導体部品の開発及び製造を行う。さらに、銅製導体部品に係る一貫生産体制構築による生産性向上を図り、売上の拡大に繋げ、地域との取引を更に拡大する等、地域経済への貢献をめざす。 

 

(3)新田ゼラチン株式会社(本社:大阪市浪速区)

・承認日 令和3年9月27日

・実施場所  八尾市二俣2‐22(八尾市基本計画)

・概要

 新棟を建設し、医療用ゼラチン、コラーゲンの製造拠点を集約するとともに製造工程を見直し、生産性を向上させる。また、医療用ゼラチン等を使用した新たな展開に向けた研究開発等を行うことで、売上の拡大に繋げ、地域との取引を更に拡大する等、地域経済への貢献をめざす。

  

 

※地域経済牽引事業計画について

 地域の特性(産業の集積、観光資源、特産物、技術、人材、情報その他の自然的、経済的又は社会的な観点からみた特性)を生かして高い付加価値を創出し、かつ、地域内の取引の拡大、受注の機会の増大その他の地域の事業者に対する相当の経済的効果を及ぼすことにより、地域における経済活動を牽引する事業を支援(財政、税制、金融等)することで、地域経済の活性化を図ります。

 上記の支援を受けるためには、平成29年7月31日に施行された地域未来投資促進法において、都道府県と市町村が策定し、国が同意した「基本計画」に沿った地域経済牽引事業計画を事業者が策定し、都道府県知事の承認を受ける必要があります。

関連ホームページ

地域未来投資促進法について(経済産業省ホームページ)

 

地域経済牽引事業計画について(大阪府ホームページ)

添付資料

地域経済牽引事業計画の概要(大喜工業株式会社) (Pdfファイル、77KB)

 

地域経済牽引事業計画の概要(畑鉄工株式会社) (Pdfファイル、122KB)

 

地域経済牽引事業計画の概要(新田ゼラチン株式会社) (Pdfファイル、130KB)

資料提供ID

42599

ここまで本文です。