10月は「大阪府部落差別事象に係る調査等の規制等に関する条例」啓発推進月間です

その身元調査は必要ですか? なくそう部落差別

代表連絡先 府民文化部  人権局人権擁護課  人権・同和企画グループ
ダイヤルイン番号:06-6210-9282
メールアドレス:jinken@sbox.pref.osaka.lg.jp

提供日

2021年9月24日

提供時間

14時0分

内容

 大阪府では、部落差別事象を防止し、府民の人権の擁護を図るため、「大阪府部落差別事象に係る調査等の規制等に関する条例」(昭和60年10月1日施行)に基づく取組みを進めています。
 その取組みの一環として、毎年10月を「大阪府部落差別事象に係る調査等の規制等に関する条例」啓発推進月間と定め、条例の周知啓発活動を集中的に行っています。また、この期間に大阪府人権相談窓口において、「同和問題・部落差別 集中相談月間」を実施します。
 今年度の具体的な取組みは以下のとおりですので、お知らせします。
 部落差別につながる個人調査や土地調査は絶対にやめましょう。皆さんのご理解とご協力をお願いします。

  

1 推進月間  令和3年10月1日(金曜日)から10月31日(日曜日)まで

2 テーマ  「その身元調査は必要ですか? なくそう部落差別」

3 取組内容

(1)広報紙、啓発ポスター等を活用した周知啓発

 ア 広報紙(府政だより10月号、府内市町村広報紙、協力団体広報紙等)への啓発記事の掲載

 イ 啓発ポスターの掲示
  ・府各室課・各種施設
  ・府内市町村・各種施設の窓口
  ・国関係機関・各種施設の窓口
  ・府内鉄道駅構内
  ・協力団体の窓口
 ※ポスターデザインは添付資料をご覧ください。

 ウ 啓発パンフレットの配布
  府、市町村や協力団体が実施する関連行事等での配布
 ※パンフレットは添付資料をご覧ください。

 エ 電子看板(デジタルサイネージ)での条例啓発映像の放映
  【場所】 大阪モノレール各駅
  【表示される画像】
  デジタルサイネージの啓発画像です。

 オ 府ホームページでの周知啓発 
 ※詳しくは関連ホームページ「「大阪府部落差別事象に係る調査等の規制等に関する条例」啓発推進月間について」をご覧ください。
 
(2)「同和問題・部落差別 集中相談月間」
 大阪府では、「大阪府人権相談窓口」(一般財団法人大阪府人権協会が受託事業として運営)において、令和3年10月を「同和問題・部落差別 集中相談月間」として取り組みます。
・相談先
 大阪府人権相談窓口
  〒552-0001 
   大阪市港区波除4-1-37 HRCビル8階 一般財団法人 大阪府人権協会内
  電話:06-6581-8634
   ファクシミリ:06-6581-8614
  メールアドレス: so-dan@jinken-osaka.jp

・相談日時
 平日相談:月曜日から金曜日 9時30分から17時30分
 夜間相談:毎週火曜日 17時30分から20時
 休日相談:毎月第4日曜日 9時30分から17時30分

 ※詳しくは関連ホームページ「大阪府人権相談窓口」をご覧ください。
 

   SDGsの画像です。

大阪府では、SDGsの推進を図り、SDGs先進都市を目指しています。本事業は、SDGsに掲げる17のゴールのうち、「10 人や国の不平等をなくそう」のゴール達成に寄与するものです。

関連ホームページ

「大阪府部落差別事象に係る調査等の規制等に関する条例」の概要や周知の取組み

 

「大阪府部落差別事象に係る調査等の規制等に関する条例」啓発推進月間について

 

大阪府人権相談窓口

添付資料

啓発ポスターデザイン【B2】 (Pdfファイル、632KB)

 

啓発ポスターデザイン【B3】 (Pdfファイル、578KB)

 

啓発パンフレット (Pdfファイル、1305KB)

資料提供ID

42327

ここまで本文です。