緊急事態宣言中の健康活動等の変化に関する調査結果について

代表連絡先 健康医療部  健康推進室健康づくり課  企画・データヘルス推進グループ
ダイヤルイン番号:06-6944-6029
メールアドレス:kenkodukuri-g03@sbox.pref.osaka.lg.jp

提供日

2021年8月5日

提供時間

14時0分

内容

 大阪府では、健康アプリ「アスマイル」を使用した「健康活動等の変化に関するアンケート」と歩数記録(PHR)により、大阪府における第3回の緊急事態宣言中(2021年4月25日から6月20日)の健康活動等の変化について調査しました。この度、その調査結果及び昨年実施した調査との比較について取りまとめましたのでお知らせします。

 

■新型インフルエンザ等対策特別措置法に基づく緊急事態宣言中の健康活動等の変化に関する調査結果について

 

〈調査結果の概要 〜昨年との比較からみえてきた特徴〜〉

 
・医療機関の受診を控えようと思った人は、昨年は、約8割でしたが、今回は約5割に減少しました。
・また控えようと思った診療科は、昨年に引き続き「内科」及び「歯科」が多い結果となったものの、歯科の受診について、昨年は歯科医院に行く必要があった人の中で約5割が「控えた」と回答しましたが、今回は「控えずに受診した人」が増え、「控えた人」よりも約1.6倍多い結果となりました。
・夕食を食べ始める時間、自宅で料理する回数等の緊急事態宣言中の食事について、「変わらない」と回答した人が約2割増加し、コロナ禍での生活に順応してきた様子が見受けられました。運動する回数が減った人、対面等により人と会話する時間が減った人は、昨年に引き続き一定数みられ、ストレスの増加を感じている人も多くみられました。

 

 ※調査結果の詳細については、添付資料よりご確認ください。

 

〈調査の概要〉

 

(1)健康アプリ「アスマイル」によるアンケート「健康活動等の変化に関するアンケート」

 

調査期間2021年6月1日(火曜日)〜2021年6月20日(日曜日)
調査対象健康アプリ「アスマイル」の利用者
調査方法健康アプリ「アスマイル」のアンケート機能
回答母数23,214人
調査内容健康活動・医療機関の受診行動の変化に関するアンケート

 

(2)健康アプリ「アスマイル」の歩数データ調査

 

調査期間2021年1月〜6月の各月の7日〜13日(7日間)
調査対象健康アプリ「アスマイル」の利用者でアンケート回答者((1)のアンケート調査回答母数23,214人)
調査方法健康アプリ「アスマイル」の歩数データ(平均値)
調査内容歩数

 

■健活10について
 生活習慣の改善や生活習慣病の予防等に向け、皆さんに取り組んでいただきたい「10の健康づくり活動」のこと。大阪府では、府民の主体的な健康づくり活動の推進に向けて、「健活10」で健康づくりの気運醸成を図っています。

健活10

 

■健康アプリ「アスマイル」について
 大阪府が提供する健康アプリ「アスマイル」では、歩数を記録したり、健康コラムを読んだり、健康に関わる様々な活動を記録でき、その活動に応じたポイントを貯めることができます。毎週・毎月抽選があり、貯まったポイントに応じて、電子マネーが当たるなどの特典があります。

健康アプリ「アスマイル」

関連ホームページ

おおさか健活マイレージ「アスマイル」WEBページ

 

おおさか健活マイレージ アスマイルにおけるアンケートについて

添付資料

【概要】新型インフルエンザ等対策特別措置法に基づく緊急事態宣言中の健康活動等の変化に関する調査結果 (Wordファイル、1468KB)

 

【別紙】緊急事態宣言中の健康活動等の変化に関する調査集計結果 (Pdfファイル、1039KB)

資料提供ID

41998

ここまで本文です。